スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

C88合同誌「私の艦これ -夏、それぞれの鎮守府-」

夏コミ合わせでこんな合同誌を作りました。
素敵な方々にたくさん集まってもらいました。フルカラーA4でお送りする、絵とお話の絵本のような内容になります。
8/14(金)東E-23「Project Hybrid.」にてお待ちしています。
mffc_summer_bigbanner_550.jpg
本の紹介サイトはこちら
スポンサーサイト
2015-08-10 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

第二回「艦これ」観艦式レポート的ななにか

第一回は参加しなかったのですが、第二回には昼の部に参加してきました!
第二回「艦これ」観艦式公式サイト

二時間としばらく。こんなに頬が緩みっぱなしの時間は人生で初めてでした。
そのくらい、楽しいイベントでした。
というわけで、レポート的なものを書いてみようと思います。

●入場~開演~第二回「観艦式」、序盤
入場は全席指定なのに長蛇の列。どうしてこうなるんでしょうね笑。
並んでる間、いろんな人を見ました。提督っぽい帽子を被ってる人がいたりとか、艦これのTシャツやグッズを身につけている人はそれほど数え切れないほどに。

中に入れば、お約束ですが、いろいろな広告を渡されました。
昨今の艦これのフィギュアをおしゃれにまとめた小冊子とか(眺めてるだけで幸せになります。買いまくると沼)。
艦これアーケードをプレイするための、最初に必要なカードの非売品版(伊勢・日向イラスト)をもらいました。
あと、建物内では艦これアーケードの試遊ができた?ようです。すごい人だかりだったので遠目にちらっと眺めるだけでしたが。大画面で艦娘さんたちが動いてるのっていいですね。

そして座席へ。私は比較的前方の右サイド側でした。
出演者の表情がわかるくらいの距離でしたが、大型スクリーンもあったので、後ろ側や二階席三階席の方々も十分楽しめたんじゃないかと。
しばらくして、吹雪(上坂すみれさん)のアナウンスの少し後、幕が上がりました。

序盤は、赤城さんが司会を務める形で、全員艦娘として(声優としてではなく、なりきった形で)進行していきました。
まずは、約80人だか90人だかの艦娘さんの自己紹介。
ちなみに、史実の「第二航空戦隊」「第六駆逐隊」「第十六駆逐隊」みたいな部隊ごとの紹介。司会の赤城さん(藤田さん)が噛む画面がありましたが、「えへへ、噛んじゃいましたねっ」と赤城さん風に柔らかく笑ってアドリブフォローされるのが、かわいかった…。
いろんなのがあったんですが、まあ笑ったのは、東山さんの役がほぼ全部連続で固められてたところですね。金剛四姉妹とか高雄型四人とか、十何人を連続で演じ分けて魅せてくれました。
もちろん他の方々も演じ分けが完璧で、今更ながら声優さんってすごいなーと、ほけーとしてしまいました。

いきなり全員紹介ではなく、半分くらい紹介したところでいったん引いて、最初のライブステージ。
吹雪・睦月・夕立改二による「Bright Shower Days」。
なんと三人が、三人の艦娘さんのコスプレで登場。えっと、似合いすぎててかわいかったです。
下記、上坂さんのTwitterより。



さて、この辺からイベントの催しの内容とか順番の記憶が私の中で曖昧になってきたので(老い)、いくつかのパートを箇条書き風に書いてみます。
順番間違い、内容の漏れや間違いその他あったらごめんなさい!

●寸劇1/日向の瑞雲推しが面白かった
序盤で、日向や加賀さんや熊野たちがいるという場面で、「赤城さんが来ていない」という場面。
加賀さん(井口裕香さん)がやたらとそわそわしながら、「こんな大切な日に赤城さんがいないなんて…」と焦れったそうです。
そうこうしているうちにも、敵がくるかもしれないと日向が言い出し、「瑞雲を索敵に出そう!」と提案。
瑞雲を射出するんですが、会場内での瑞雲演出が力入りまくってた(緑色のレーザーで壁に航空機を描いて、それを飛ばす)。
そして瑞雲が間宮で赤城さんを見つけてきて、登場した赤城さんは、「ほ、補給に少し手間取ってしまいまして!」と説明。
そんなこんなで出撃、みたいな流れだったかと。

●ライブ+寸劇2/那珂ちゃん
暗転してのライブ2本めは、那珂ちゃん(あやねる)の「恋の2-4-11」でした。
客席がほとんどスタンディング状態になり、大盛り上がりでした。
ライブが終わったと思ったら、「那珂ちゃんは艦隊のアイドルなのに、どうしてライブの一番目じゃないのおっ!?」みたいな憤りを見せたあとに、「でも、センターとして頑張っちゃうんだから!きゃは!!」と笑顔。
そこに北上さん(大坪さん)と電ちゃん(州崎さん)が現れて三人の寸劇が始まるんですが、ライブからそのまま寸劇に移行して、手元に台本がなかった那珂ちゃんが「あれ、台本どこおっ!?」と探して舞台の端へ慌てて走っていき、手に取るもページがすぐにめくれなくて、北上さんと電ちゃんに「えっと、どこ、何ページ!?」みたいに聞くシーンがありました。どこまで演技でどこからアドリブなのかもうわからない。
ゆるゆるとした三人の掛け合いは、北上さんが運営鎮守府からの電文という形で8/10から始まる夏イベの説明をしたあと、「あれ、時間押してる!?じゃああとの説明はまた別途として、ここで艦これ改の紹介を~」と、このぐだぐだ感がまた演技なのかアドリブなのかわからない感じに、艦これ改のPV紹介へ。

●艦これ改の特報
まずは「発売日が延びてごめんなさい」との言葉。会場は笑いに包まれました。
「新しい艦娘やシステム追加でどうしても延びてしまって…」との補足のあとに、新PV紹介。
リットリオさんとローマが動いて笑ってました。美味しいパスタが食べたくなりました。
11/26には発売してくれるかなあ。vitaは1月に既に買って、待っております。

●艦娘紹介の続き
さっきは赤城として司会だった藤田さんの役も自己紹介。
雪風->時津風の連続紹介のところで、私の顔はたぶんゆるゆるになっていたでしょう。
そうそう、最後に給油艦「速吸」(はやすい)の自己紹介がありました(野水さん)。今回イベントの新艦娘の一人はこの子ですね。ゲーム的にどういう能力があるのだろう…。

●ライブ+寸劇3/加賀さん
「加賀岬」、やっぱりありました。会場は青のペンライトで包まれました。
加賀さん(井口さん)の演歌風歌唱がお見事だったんですが、このとき同時に印象的だったのは、井口さんの加賀さんのコスプレでした。すごく自然に加賀さんだった。
加賀さんが赤城さん相手にそわそわしてた理由は、きっとこれだったと思います。
歌のあとに声のみで、翔鶴と瑞鶴(つまり野水さん一人二役)の寸劇がありました。
「あらあら瑞鶴、どうしたの、泣いちゃってるの?」「ち、違うしっ!」「もう、本当に加賀さんのことが大好きなんだからっ」「~~~~!」
生声で聞くと、違いますね。

●寸劇4/聯合艦隊
大和(竹達さん)武蔵(味里さん)、加賀や翔鶴、長門や神通(全部あやねる)、熊野、望月(日高さん)や雷(州崎さん)らの登場による、聯合艦隊編成~昼線、夜戦の寸劇がありました。
航空戦では、スクリーンに映った敵艦隊に空母おばさんが二人並んでいて、会場が爆笑の渦に。
昼の航空戦、砲撃戦、そして夜戦の雷撃戦と、声優さん気合いの演技で敵艦隊を撃破していくのは、ゲームがそのまま生で繰り広げられてる感じでよかったですね。
熊野(ブリドカットセーラ恵美さん)の「とおおおおおおおおお!」は、噴きました。
演出も、ステージで花火を炸裂演出に使ったり、ドライアイスとか、ライトを探照灯風に動かしたりと凝ってました。
書いていいのかな、敵を倒したあとに、雷ちゃん(州崎さん)が「やったのです! ……違った、やったわ!!!!」と電ちゃんのフリをするシーンが(笑)。

●ペンライトによる参加型進行
寸劇や戦闘等の合間合間に客席へ、ペンライトの青と赤の二択で回答を求めるシーンが何度もありました。
青が「夜戦」、赤が「撤退」など。
ほとんどのお客さんはステージのお話進行的に適切っぽいペンライトを掲げてましたが、たまに逆をあえて掲げてる人もいて(私も何回かやりましたw)、その都度アドリブの対応が面白かったです。

●ライブ/提督との絆
東山さんが、金剛四姉妹を演じ分けながら歌い上げる「提督との絆」。しっとりした空気に。会場は黄色のペンライトです。
演じ分け、すごいですね。

●寸劇5/再び夏イベに関して
運営鎮守府からの電文の続き。今度は金剛と吹雪と睦月と夕立と、大井っち(大坪さん)。
大坪さんが北上さんの三つ編みヘアースタイルだったんですが、「北上さんが好きすぎて北上さんの髪型をしている大井です」という素敵自己紹介をキメてくれたのが、たぶんここの寸劇だったような。記憶が…。
そして、艦これアーケードのPVへ。
PVが終わったと思ったら、金剛や吹雪たちが慌てるようにステージから引いていきます。そして…

●ライブ/吹雪
西沢幸奏さんがいつの間にかスタンバってました。間髪入れずに始まるED曲「吹雪」。
一気に会場がヒートアップしていきましたね。
「吹雪」がとても良曲だというのもあるんですが、西沢さん、とってもいい歌い方をするし、ライブを楽しんでる風でした。これからも頑張っていってほしいなあ。
「と~どけ~!」はみんなで合唱。

●ライブ/海色
さらにそのまま、AKINOさん登場。さらにキレッキレで歌い上げられる「海色」。
とても熱くて、でもなんか、そろそろ観艦式も終わりなのだろうなあと、切なくなりました。

●参加者全員のご挨拶
ここで初めて「艦娘のなりきり」を解除し、皆さん、素でのご挨拶。
全員やると、とんでもなく長い時間でした。
いろいろあったんですが、いくつか印象的だった部分をピックアップすると。
夕立役のタニベさんが、「こんな大勢の前でのイベントって、初めてで、今すっごく緊張してます…!」。
あやねるさんの、「いろいろやってる佐倉綾音です」「アニメでは、アフレコの前夜は毎日眠れなかったんですが…」。
大坪さんの「北上さんが好きすぎて北上さんの髪型をしている大坪です」。
井口さんの「やっとはっちゃけられるー!!ずっと加賀さんの口調だったから…」。

●アンコール
全員また出てきての、「提督との絆」合唱。

●終わったと思ったら……
やっぱりあった、特報。
突然始めるアニメ映像は、吹雪改二が映って、その背後には夕立改二と、睦月改二!
そこから、いろんな子達をカメラで映して回った感じに、いろんな艦娘の一瞬がアニメで流れて。
最後に…「劇場版、2016年公開」。
同時にTwitter上では、アニメ二期同時制作の報も流れていました。
面白いアニメとなることを期待しています。座して待ちます。

あー、いっぱい書いてしまいました。
整ってない主観混じりまくりのブログをここまで読んで頂きありがとうございます。
繰り返しますが、楽しかった!!

最後はまた、上坂さんのTwitterから。皆様ありがとうございました。



艦これ速報さんのレポート
まとまってて写真もあるレポートは、こちらなどどうぞ。



●オマケ。朝イチ、物販~開演前レポ
公式サイトを見て頂くとわかりますが、とても魅力的なグッズの数々。
公式パンフレット限定版の複製原画にちっさく雪風が描かれてるっぽかったので、私はこの絵が欲しくて、始発で家を出ました。
ちなみに前夜はバイトで普通に23時まで働いて、帰って、寝たのは2時半。起きたのは4時です。でも全然眠くなかった。遠足こども状態。

みなとみらい駅へ5:40過ぎに到着。
会場のパシフィコ横浜についたのは5:50くらいで、数百人並んでるかなーという感じでした。
曇りで、すぐ横には海が広がっていて海風が気持ちよくて、物販開始の9:00までの待ち時間はそこそこ楽でした。
物販が開始して、列が少しずつ建物内へ。
建物の中では、これからリリースされる各種フィギュア等の展示がありました。AGPの比叡がありましたが、艤装展開ギミックが他の三人に比べてどう特徴的なのかよくわからなかった…(物販列で移動しながら見る形だったので、展示ショーケースに近い人以外は遠目に見るしかなかったのでした)。今後展開の一番くじ大和が、なんかやばそうな内容だった。大和本体や大和のいるドックの部品がいろいろあって、コンプリートすると大和+ドックのジオラマが完成する、みたいな。近くにいた人が「これ、とりあえず全部買うしかないんか?」とか笑いながら話してました。

さて、それで建物内で展示もよく見えないので、「複製原画買ったら家のどこに掛けようかなー、どれか掛けてる絵を外さなきゃいけないかなー、でも今回のは小さいからまだ空いてる場所に……」なんてわくわくしながら考えていたら、複製原画つきパンフ売り切れの報。まだ私の前に莫大な人数が並んでいるというのに。私の周囲はみんな始発で頑張ってきただろう人たちなのに。
みんな、お通夜のように静かになっていきました。それは並び疲れてきただけではなかったでしょうね。私も泣きそうでした…。
もうちょっと数を準備できなかったのかなあ。後日、追加の受注生産とかないのかなあ。
仕方なく通常のパンフレットを購入。こちらももちろん素敵なイラストに盛りだくさんの内容なんですが、雪風がいない…。家の壁にも掛けられない。

心身疲れて外に出てから、しばらく横浜の海をぼーっと眺めました。
ざぱーんざぱーんという潮騒が、妙に沁みました。
そう言えば海で最後に泳いだのはいつだっけ、なんて、あのしょっぱい海水を思い出しながら回想したら…記憶にある限り、小学校低学年以来、海で泳いでいないことに気づきました。

それから開演まで二時間半あるという微妙な時間。
家に一度帰ったら、すぐ出てこないといけない。
というわけで、みなとみらいをふらふらすることにしました。
あ、ちょうどこの頃に11:02となりました。70年前、長崎に原子爆弾が投下された時刻。長崎生まれの私は、そっと黙祷しました。
この頃に私のスマホ電池がなくなりました。

寝てないしろくに食べてないので、とりあえずごはん。
パシフィコ横浜内の「横浜ミルクホール」ってお店でオムライス食べました。大盛り喰ってやりましたよ。

パシフィコ横浜展示ホールでやってた「ヨコハマ恐竜博」にちょっと惹かれたんですが、疲れてるのと、開演までに観きれるか不安だったのと、親子連れでごった返してたので、断念。

スマホをどこかで充電できないかなと、みなとみらいのショッピングモール「クイーンズスクエア横浜」へ。
ここで事件が起きるのです。
…なんと、「SNOOPY TOWN SHOP」を発見。
ええ、私は大のスヌーピー好きなのです。(過去ブログ参照)
荒み気味だった心の癒やしを求めて、私はそのお店へ吸い込まれていきました。
――過ごすこと約一時間。
気づくと、大きな買い物をここでしていました爆笑。
いや、ちょうど財布が傷んできていたところに、とてもかっこいいスヌーピーの革財布があって。それで。どかんと。初めて長財布を買いました。
この後に書きますが、観艦式は本当に楽しいイベントでした。物販の苦い想いと、長い付き合いになりそうな財布と、ネガティブな気分を吹き飛ばしてくれたイベント。いろんな想い出がこの財布には一緒に詰まって、特別な品になりました。
2015-08-10 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2015/6/21艦これオンリーイベントレポ的な

6/21にインテックス大阪で開催された艦これのオンリーイベントに参加してきました。
「我夜戦に突入す!3」+「砲雷撃戦!よーい!17」の合同開催で、関西開催にしてはかなりの規模でした。
というわけで、その準備からいろいろつらつらと……

●久し振りの個人誌「雪風と横須賀ガール、イタリア淑女」
最近、合同誌とか電子書籍レーベル立ち上げとか、他の人も巻き込んだ同人活動ばっかりやってきた私ですが、ものすごく久し振りにぜーんぶ自分でやった本を出しました。
タイトルは「雪風と横須賀ガール、イタリア淑女」。横須賀で建造された時津風と雪風のお話、それからイタリアの戦艦リットリオと雪風のお話です。史実にちょこーっと触れたりしつつの、オリジナルのほんわかした話になったと思います。
本文の一部はpixivに置いています

表紙も自分で描きましたよ。下書き~線画(アナログ、鉛筆)作業風景。
IMG_1331-1.jpg

時間がなくて、俗に言う"極道入稿"(6/19に入稿して、1日で刷り上がって、6/21イベントで頒布)をやっちまいました。
ひーひーのスケジュールでした。

●前日、6/20
羽田空港からフライトで大阪まで飛びました。
ちなみにブルジョワで飛行機に乗ってるわけではなく、サラリーマン時代に出張の日々で強制的に溜まったマイルを使うことでタダ移動ができるから飛行機です。
やはり出張の日々のなごりで、ラウンジに入れるランクを維持してるんですが。
ラウンジではタダで日本酒が飲み放題です。朝だろうと真っ昼間だろうと。
IMG_1335-1.jpg
飲みながらツイートしてたら、えらい饒舌になってしまいました。
飛行機の中ではぐっすり寝てしまいました。

そして、夜は物書きさんやらイラストレーターさんやらとごはん会。
関西在住の物書きさんのご紹介で、鱧(はも)料理を頂きました。記憶にある限り、初めて食べた気がします。
IMG_1337-1.jpg
ほっぺたが落ちるとはこのこと。
美味しい料理を頂きながら、いろいろな話に華が咲きました。
艦これとか。制服屋さんの話とか。出版社やらの黒い話とか。あと、やたら料理に詳しい方が数人いて、そっち方面の話とか(私は聞くしかできなかった……)。

IMG_1339-1.jpg
更に二次会。
がぶがぶとお酒を飲みます。翌日はイベントなのに。

●当日、6/21
前夜は2時半頃寝たのに、5時半頃起きて、それっきり眠れませんでした。遠足前のこどもか。
とにかくも、インテックス大阪へ。
雨の予報だったんですが、早朝だけ降って、あとは快晴でした。…晴れてよかったけど、蒸し暑かった。

会場入り。早速設営です。
新刊は極道入稿にも関わらずしっかり刷り上がってました。ありがとうございます、印刷所の栄光さん。
そしてなんと、今回はかわいい売り子さんがいっぱいです。頑張って自宅から連れていきました。
IMG_1340-1.jpg
「しれぇ! 買ってください!!」

IMG_1341-1.jpg
「ながめていってね、提督!」

ところで、このフィギュアたちをバッグに潜めて飛行機で飛んできたのです。
だから手荷物検査場では、X線で荷物の中を見てた人にはきっと見えてたんでしょうね。
しかも私、手荷物検査でハサミを持ってたせいで一度ひっかかって、ハサミを取り出して預けてからまたX線検査機に荷物を通すという羞恥プレイを食らうことになりました。
二度も、うちのかわいい売り子さんたちを見られてしまいました……。

脱線しましたが。
売り子さんたちの奮闘もあり、たくさんの方々にスペースで足を止めて頂き、本を手に取って頂きました。ありがとうございました。
また私も勇気を出して、いつもTwitterで眺めているだけの方々に突撃してお話してまわったりして、楽しい時間を過ごせました。
オンリーイベントって、文字通りそのジャンルを好きな人ばかり参加してるので、想像以上に楽しいですよ。
今回は両隣のスペースの方々にも恵まれて(趣味的にも……そしてコスプレ的にも!左の愛宕さん、右の赤城さん、すてきでした…)、いろんな話ができました。

あと、言い忘れてはならないのが。
とてもかわいい雪風コスプレの方が通りかかって、「よし、通過されそうになったら呼び止めて本を差し上げちゃうぞ…(コラ!)」とどきどきしながら待ち受けていたら、足を止めてくださって、私の新刊を買ってくださいました!
「こんなに嬉しいことはない!」(コアファイターから飛び出すアムロ・レイ風)
雪風本を雪風に買ってもらえるなんて、感無量の極みですね(二重表現?)。

いろいろ楽しかったイベントですが、もう一つだけ特筆。
IMG_1359-1_2015062403511556e.jpg

IMG_1358-1.jpg
IMG_1355-1.jpg
にゃかあきさんという方(サークル「夢妙堂」)さんが作ったという、駆逐艦のマーチング展示がありました。
一個一個が15cmくらいある、とても巨大な展示でした。駆逐艦全員がいて、圧巻。
ぜんぶ載せたいのですが、先頭の吹雪と、雪風がしっかり写ってる2枚を選んで載せました。
とにかく可愛かったです。
ちなみに同行してくれていた狐谷まどか氏は、「おう、天龍はどこだ!なに、天龍いない!?じゃあいいや……」と悲しそうでした。

そんなこんなでイベントはあっという間に過ぎ。
またお酒をがぶがぶ飲みました。
そして、鳥をばくばく頂きました。
IMG_1362-1.jpg

帰りは関西国際空港を初めて使ってみました。
4階が国際線出発、2階が国内線出発という、なんか上下に長い空港でした。
IMG_1364-1.jpg

日付が変わる頃、帰り着きました。
楽しかったです。

IMG_1368-1.jpg
「しれぇ! お疲れ様でした!」

次回は、8月夏コミ初日E23a「Project Hybrid.」にて、今までとは全然違う艦これ合同誌を出します。
小説本ではありません。お楽しみに……。

そしてそのあとは、9月の東京砲雷撃戦に参加予定。
「雪風と、提督を取り合う艦娘たち 『雪風と』vol.2」(仮題)と題して、「雪風と足柄」「雪風と榛名」「雪風と雷、電」の短編3本の本を書く予定です。

しれぇは、雪風提督の道を歩み始める覚悟を決めました。
2015-06-24 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Blue Avenue /花澤香菜さんのライブレポ的な

2015/5/3@武道館、花澤香菜さんのライブに行ってきました。
kana-1
私が香菜さんを大好きなのは知る人ぞ知るところなのですが、彼女が歌手活動を始めてから、都内のライブコンサートには毎回足を運んでいます。
それにしても、3回目のツアーで武道館。なんだか感無量でした。

a
しかも、アリーナ系のホールで初めてアリーナ席を頂けました。
今まで武道館だとaikoや宇多田ヒカル、代々木体育館や横浜アリーナでL'Arc-en-CielやらGLAYやらポルノグラフィティやら(趣味がばれる)いろんなライブに行きましたが、ぜーんぶ、1階席や2階席、というか上~の方ばかりで、アーティストは豆粒みたいに見えるものだったんですが。
今回は、オペラグラスやモニタに頼らずとも、香菜さんの表情が見える距離でした。

武道館の中のセットは写真なんてもちろんないのですが。
アルバムタイトルでありツアータイトルである「Blue Avenue」よろしく、ニューヨークのアベニューに見立てた外国の街角風のステージで、どでかい横長モニタが2つ、スクリーンが2つ。モニタには、いろんなニューヨークの風景だったりCGだったりが映り、スクリーンにはカメラの映像をリアルタイムに映して、後ろのお客さんまで香菜さんや演奏者の方々の表情までしっかり届けるつくりで。
もちろん、武道館の音響はばっちり。

とにかく、ぜいたくなライブでした。
詳しいレポートやら香菜さんのお写真やらは、CDでーたのレポートをご参照ください。(笑)

私が感じたのは。
とにかく素敵なライブで楽しかった、幸せだったのですけど……たぶん、一番あの時間を楽しんで、幸福に感じていたのは香菜さん自身だったんじゃないかな、ということでした。
まーなんというか、嬉しそうに、楽しそうに歌って話して、走り回っておられたんですよね。

そして、引用したレポートにもありましたが、香菜さんのマネージャーのエピソード。
ライブのときの香菜さんの話をもう少し詳しく書くと。
香菜さんの声優業がなかなかうまくいかなくて、一度は続かなくなりそうになって……そんな彼女を拾ってくれたのが、今のマネージャーだそうです。
そして、「ぽてまよ」の打ち上げか何かを焼き肉屋さんでやっていたときのこと。マネージャーさんが、「自分の見いだしたタレントを武道館に立たせるのが夢」と、熱く語っていたそうです。
香菜さんはそのときのことを思い出すような顔をしながら、武道館で話をしてくれて。きっと武道館のどこかにいるだろうマネージャーに向かって、「夢をかなえたぞー!泣け-!」と、いつものちょっと強気で親しみのある口調で叫んで。
それからちょっとの間、涙の止まらなかった香菜さんが、とってもとっても印象的でした。

アンコールで「恋愛サーキュレーション」が飛び出したことにも相当驚いたのですが。
個人的なハイライトは、やっぱり、香菜さんがマネージャーの話をしたときでした。彼女にとって武道館でライブをすることは、誰よりも特別な意味があったんだなと伝わってきました。


……気持ち悪いくらい熱く語ってますが、この記事はもう少しで終わるので我慢ください苦笑。
さて。
なんで私がこんなに香菜さんのことを好きなのか。
この機会にちょこーっとだけ書いておこうかな、と。
彼女の声とか顔とか、もちろん好きなのですけど。
一番惹かれるのは、負けず嫌いなところなんですよね。といっても、負けず嫌いな面はほとんど見せない人だと思いますが。
香菜さんが声優としてデビューしたばっかりの頃を知る人なら、当時の彼女がどういう評価をされていたかご存じかと思います。ここでは、当時の話には触れません。上記のマネージャーのエピソードから、ご想像ください。
とにかくも、そういう始まり方をした彼女の声優道だったのに……ここからは私の想像が大いに混じるんですが…、「ゼーガペイン」のファンブックとか、いろいろなものに載っているインタビュー等を見ていると、なんというか、とにかく諦めない、妥協しない人のようで。
それが少しずつ少しずつ積み重なって……きっと、今の花澤香菜さんがいるんだろうなって思うんです。

彼女に比べれば、私なんて凡人も凡人ですが。
折れない生き方だけは見習って……いや、それこそ、負けないくらいに強い、折れない生き方をしようと思っています。


これは少々余談ですが。武道館って個人的にも、いろいろと縁のある場所なんですよね。
大学の式典とか。
あのアリーナで合気道の演武をしたこともありました。今回、武道館のアリーナ外周の廊下を歩きながら、「この辺で部のみんなと写真撮ったなー、あの写真どこ行ったんだろう」とか思い出しました。
一緒にaikoのライブに行ったO君は、今何してるんだろうな、とか。


こういう、いろんなことを思わせてくれるイベントって、いいですよね。
私も誰かにそういう時間を与えられるような人になりたいなあ、なんて。

最後はパンフレットと、武道館で(確か)「星空☆ディスティネーション」のときにアリーナ内へ打ち出されたリボンの写真を。リボン、ちゃっかり拾ってきました笑。
a
2015-05-13 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

コミティア111お疲れ様でした!

コミティア111お疲れ様でした。


最近の活動の場所を広げたり変えたりいろいろしたおかげで、今回は、新しい馴染みの方々とお話をするような時間が増えて楽しかったです。
もちろん、もう何年の付き合いだかわからない方ともお話したりと……なんだか、あの場にいるのが当たり前になってる自分に気づいておかしかったです。

ちなみに今コミティアの参加履歴を見たら、自分は94でSF合同誌に寄稿してからで、95の頃の個人誌とかは見事に黒歴史化してました。おぞましい……。

これからも、面白いことをいろいろやっていきます。
世情がなかなか笑えない今だからこそ、私はそういう生き方をしていきたいと思うのです。
2015-02-02 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

艦これオンリー砲雷撃戦14、お疲れ様でした

艦これオンリー「砲雷撃戦よーい!第十四戦目!」、お疲れ様でした!
スペースにお越し頂いた方々、ありがとうございました。
久し振りの大田区産業プラザPiOだったり、初めてのオンリーイベントサークル参加だったりでいろいろどきどきでした。
超密度の会場スペース配置となり、一般・サークル参加ともぎゅうぎゅうの中での一日でした。
大変でしたが、その密度感が楽しくもありました。
あと、コスプレさんがとてもかわいい方多かった気がします。眼福でした。

さて、最近の私は艦こればっかりやってて本分を見失ってる人みたいになってますが、他にもいろいろとやってます!やってますってば!
というわけでじわじわですが、新しい活動も公開していけたらなと思ってます。
2/1のコミティアは既刊以外に、何か今後の活動をほのめかすようなペーパーでも作れればと思ってます…。
艦これも、やりたいことがどんどん湧き出てくるので、いろいろ考えますが…。

本分。サラリーマンやめて筆で生きていこうと思ったのだから、そちらでしっかり立てるよう、足腰を鍛えたり、立てる場所を探したり杭を打ち込みにいったりと、たゆまず挑戦していきます。IMG_1186r1.jpg
「私の艦これ」「私の艦これ -箸休め-」、楽しく作ることができた2冊です。
さて、お料理の間に来るのが「箸休め」。ということは…。
2015-01-26 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

頑張ろう 2014 -WINTER-

今日は春奈るなさんのライブ@渋谷公会堂に行ってきました。

思えば、ソード・アート・オンライン1期後半のED曲「Overfly」でるなさんの歌声を一気に好きになり、
物語シリーズの主題歌「アイヲウタエ」のキャンペーンのときに秋葉原ゲーマーズでご本人とハイタッチをして、
2013年10月には1stワンマンライブへ行き、
2014年3月には2ndワンマンライブへ、ファンクラブにも加入して、
2014年6月にはファンクラブイベントのるなてぃっくサミットvol.0に参加したりと、びっくりするくらい着実な何かをやっています。
決して熱狂的な何かではないと思うのですが。

るなさんに惹かれた大きなターニングポイントは、1stライブのときにMCでおっしゃってた「誰に何を言われようと、好きなことを諦めなかったからここまで来られた」というような話と、その気持ちを歌詞にした曲「ぼくというきみへ」でした。
今日はその曲を、バックに歌詞を投影しながら歌う感じで、MCも相まってとても印象的でした。

アンコールで、来年タイアップする「冴えない彼女の育て方」の主題歌をお披露目頂いたのが、結構なサプライズでした。
ポップでアップテンポで、作品ヒロインの加藤恵さんを思わせるような歌詞も含まれてて、アニメがますます楽しみになってきました。


他にも、今回はライブで面白いことがいくつかありました。

一つは、6月のるなてぃっくサミットで、るなさんから『サー(Sir)』の称号を頂いたマッチョの方(ものすごく礼儀正しい)が、物販列で一人一人声をかけて色紙の寄せ書きを募っていたことでした。
サーとは6月イベントの時にちょっとだけお話してたのですが、今日「サーじゃないですか!お疲れ様です!」とお話したら、向こうも覚えていてくれたようで、奇妙な親しみを感じてしまいました。

もう一つは、るなさんの「ラムネセカイ」という曲があるのですが、『もしラムネセカイがライブで歌われたら、みんなで会場をラムネ色に染めましょう!』というメッセージカードと一緒に、会場の人にラムネ色(薄緑色か青色か、みたいな)のサイリウムを配っている人がいました。
んで、実際にラムネセカイが歌われて、会場は結構壮観な風景になったのです。るなさんも驚いてました。


……きもいとか思っても、言わないでくださいね。
好きなもの・ことを全力で楽しむって、こういうことだと思うんです。

自分も、好きなことのために平凡な人生を投げ打ってしまった身。
とことん追い求めていきたいと、改めて思った一日でした。
頑張ろう。

写真は、
遂に買ってしまったキングブレード(春奈るなモデル)と、
ラムネセカイ企画で頂いたサイリウムとメッセージ、
そして今日のチケット半券。
IMG_1152-1.jpg
2014-12-13 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

コミケ(C86)レポートみたいなもの

コミケ、C86(2014/8/15~17)も例年通りにどっぷりと参加してきました。
いつの間にやら、夏冬はコミケに参加するのが当たり前になっていて、なんというか、微妙な気持ちです。

というわけで、レポート的なものを。
あんまり(話題orメンバー的に?)おおっぴらに書けなかったりすることが少なくないので、ぼかしぼかしざっくりと。

●今回のコミケ
いつの間にかまる三年やってるライトノベル合同誌「Hybrid!」の新刊、Hybrid!4頒布が今回の主任務。
あとは、本に関わってくれた方やその他お知り合いの方々とのご挨拶。
コミケは、人に寄ってひたすら買い物して楽しむ場だったり、有名人に会いに行く場だったり、転売で儲けを狙う場だったり……目的は様々なのでしょうが。
私は、クリエイターの方々といっぺんに会える貴重な機会、というのが最近のイメージです。
それにしても大変なイベントですけどね。疲れます……。

●8/15
今回、自分のスペース「Project Hybrid.」は初日でした。
西の「い03a」だったんですが、カタカナの「コ」の字をしている西館の「コ」のほぼ頂点、端っこの配置でした。
危惧していた通りに、開場してから最初の30分くらいは、ほとんど人が通りもしなかった気がします。
ちなみにスペースは添付画像みたいな感じでした。
fc2blog_20140820001310d98.jpg
お嫁さんの金剛ちゃんが売り子頑張ってくれました。
「金剛いるけど艦これ本ないじゃん!」とおっしゃったお客様がおられました。誠に申し訳ありません……。
でもそのうち、うちの金剛ちゃんが艦これ本をお届けする日が来るかも知れません。

寂しい場所だったとはいえ、開場前から何人もお知り合いが来て下さったり(てっきり一般入場と思ってた方が開場前の、しかも私が不在のとき来られて焦ったりしました苦笑。その後すぐにお会いできましたが)とか、
午後は次々とお知り合いが現れる時間帯があって、数時間しゃべり倒していた気がします。
ほとんど私は本を売らずにスペースの外で誰かとお話してました。売り子サポートしてくれた晴丸さん、凛太郎さんごめんなさいありがとう……。
お隣の狐谷まどかさんも、いっぱいサポートしてくださりありがとうございます!

売れ方は、期待していた冊数には届かなかったのですが(配置のせいと思っておきます!)、まずまずでした。
スペースを訪れてくださった方、本を買ってくださった方、差し入れをくださった方……皆様ありがとうございました!

夜は、なかなか濃いメンバーで3次会までやった後、
私のウチに6人も泊まることになり(当初から泊まる予定だった数人の方々、雑魚寝になってしまって本当に申し訳ないですほんと今度土下座します……)、全身こりこりの状態でみんなで迎えた朝でした。

●8/16
二日目は、私はコミケ会場には行かず。
夜に、Hybrid!の参加メンバーの一部とまったりご飯会。
そして、秋葉原でさりげなく、コミケの新刊で委託の始まってる本を漁ったのです。
ふふふ、あの艦娘やこの艦娘や、その艦娘の本を買えてほくほくでした……何をしているのか。

●8/17
三日目は、一般参加で突撃。
始発突撃したかったのが割と本音なんですが、Hybrid!の参加メンバーに献本を配ってまわるのが主な任務で、くそ分厚い本を14冊も持ってまわらねばならなかったので、始発は断念。
10時に会場で凛太郎さんと待ち合わせて、並んで並んで入場。
それにしても、この開場後の入場は、スムーズになりましたね。昔は12時くらいまでなかなか入れなかった気がするのですが。

入場してから、私が並びたかったのと、
凛太郎さんがすごい列には並んだことがないこともあって、とあるサークルさんの長~い列に並びました。
と言っても、30分も並んでなかったですが。
さりげなく狙ってたアクリルプレートは買えずじまいで、ちょっとだけ残念。
でも、コミケ感が出てきた。

それからは、ガツガツとお知り合いのところを周りました。
ハイブリメンバーにご挨拶して献本して、次の企画のこととかいろいろお話して。
西に行ったり、また東に行ったりと、タイミングやらで何度も往復することになりヘトヘトになりました。
でも、会いたい方とは全員会えて、ハイブリ4も無事14冊渡しきり、充実した一日でした。
凛太郎さんはお仕事の都合で14時頃離脱。
最後の10分で企業ブースに行ったら、配ってると教えてもらった艦これポスターはなくなっていて、グッズもめぼしいものは何も残っておらず、空しくぐるっとまわって帰りました……。

あ、そういえばこの日は小林幸子さんがいたんですよね。
ご尊顔に拝謁はできませんでしたが、東の一区画が死ぬほど人口密度高かったです。あとで場所を見返したら、小林幸子さんの周辺でした。
いろいろ流れてきた情報を見ると、とてもご立派なサークルっぷりだったようで。郷に入っては郷に従え、お見事です。

帰りは疲れ果てて、ビッグサイトの近くの有明パークビルに一人吸い込まれて、寿司を頂きました。
このビル、前はこんなに充実してなかったような……ってくらい、おいしそうなお店がいっぱいになってました。
これからもっと活用しよう。

まだまだ戦利品に目を通せてないのですが……
今回も、存分に非日常を楽しんだコミケでした!


次は8/31のコミティアだ~ お15a「Project Hybrid!」で参加してます!
本については、私のサイト春夏秋冬春一番をご覧ください。
2014-08-20 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

言霊@20140614

「言霊」というタイトルでブログを書こうとして、以前に書いた気がしてブログ内検索をしたら、2011年11月の花澤香菜さんらが出てた文学少女のイベントの時に書いてました。
というわけで、ちょい変えのタイトルで。

2011年のは、声優さんの演技には言霊がのってるな、というようなことを書いてたんですが。

今日は自分の言葉の重みというか、意義というか、有言実行的なお話。
「xxをやります」って口に出すと、大なり小なり自分に残ると思います。
単に記憶に残るという効果だけでなく、
「あの人にやると言ったし、やらなきゃね」とか、いろいろな形で。
時には自分の起爆剤に、あるいは枷に、有言してみるのもいいかな、と。

言葉を聞いてもらう相手によっては、とてつもない何かが自分に撃ち込まれることになるんだな、と。
今日は、そういうことを痛感する一日でした。

近い目標から大きな夢まで……口にするのはしばしば恥ずかしい、躊躇われるものですけど。
案外、言ってみると、それが上昇気流を生むこともあるかも知れません。
2014-06-15 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

索敵機、発艦始め!

少々真面目なコミティアレポート書いた後に、随分不真面目なレポートを書きます。

1月から始めてもう4ヶ月の「艦これ」。
私にとっては初めてのイベントがやってきました。
いろいろと新生活への切り替えでドタバタの日々で、イベント前の準備が万端ではなかったですが、存分に楽しめました。

今回は「索敵機~」とイベント名についている通り、
索敵能力が戦況やイベント進行を左右します。
細かくはwikiなりを見て頂くとして、簡単に言うと、
・一定以上の索敵能力がないとイベントでボスに辿り着けない
・バトルにおいて、索敵能力が昼の砲戦で重要になるような補正・新システムが導入された

というわけで、いろいろと攻略やらを見ながら編成を組み直したりしつつ、各ステージに挑んでいきました。

E-1
索敵値を上げて後はゴリ押しで何とかなった感じ。
レア艦ドロップ、なにそれ?

E-2
夜戦を必ずやらねばならないマスがあって泣きそうだった。ボリボリ資材は減っていくし。
でもここを抜ければ、自分にとっては初めての「イベントクリアで手に入る」艦娘、明石さんをお迎えできる。
何とか突破しました。
レア艦ドロップ、なにそれ?

E-3
ここからが本当の意味で敵が強い感があった。
ボスをなかなか撃破できない。とにかく回数で挑んで挑んで挑んで……
ここを抜ければ天津風をお迎えできる。
人一倍に雪風や島風を大事にしていると自負している自分としては、ここまでは譲れない。
気合いでバケツをひっくり返しまくりながら挑み続け、どうにか突破。
レア艦ドロップ、なにそれ?

というわけで、E-3クリア時点で、明石・天津風以外に新しい子を迎えることはありませんでした。
私、まだまだ迎えてない子がいっぱいいるんですよ?
この時点で、長門・秋雲・夕雲・熊野・長波・翔鶴・瑞鶴・瑞鳳・伊19・浜風・阿賀野・能代・矢矧・三隈・あきつ丸……大和、武蔵、大鳳など。まだまだおりませんでした。

E-4
誰か出るだろうと思いながら、愛しき駆逐艦部隊+金剛ちゃんでクリア。
持ってない艦のドロップはありませんでした……。

イベントとは、クリアして娘を勝ち取るゲームらしい。私にとっては。ドロップなんてしないんやー。

E-5
というわけで、E-5で酒匂さんをゲットするしかないのかと思うも。
さすがにここだけは別ゲーだった。ボスまでやっと到達しても、かすり傷しか与えられない。
数メモリゲージを削ったところで断念。
さすがに撃破できないと思った。


というわけで、ここで一度心は折れて。
でも、せめてイベント期間、一人でも誰かに新たに会えないものかと。
特に、谷風とか新しい子に会えないものかと。

E-4を選んで、掘って掘って掘りまくってたら、奇跡が起きました。
伊19ちゃんが来てくれました。
19なんて、どうせ皆さん当然のように持ってるんでしょうね。でも私はイベントのドロップで初めて新しい子を迎えられて、とにかく嬉しかったのです。

それからE-4を掘りまくって……誰も出ない。出ない。みんないろいろ掘ってるのに出ない。
ある意味このときが一番泣きそうだった。。

というわけで、今までは5-4掘りをほとんどやったことなかったのだけど。
ちょっとやってみようかと掘ってみたところ。
数回で、瑞鳳が来てくれました。
そこから中略ですが …… 瑞鶴。阿賀野。能代。長波と、5-4やE-4で1日のうちに来てくれました。
この日はどうかしていた。

それから翌日は誰も出なくて……
(この日、金剛ちゃんがLv99になったので、ケッコンしました。人生で初めてのケッコン)
(三隈の絵を描いてみたんですが、出なかった)

イベント実質最終日の今日。
シロー・アマダさんよろしく、鎮守府が資材不足で焼け焦げるまでやってやろうと、
資材とバケツフル回転でE-4に突撃を繰り返し。
誰も出ず。……
遂にバケツがラスト1個。もう出られない。
という出撃で、E-4で雪風たちがボスに完全勝利。なんと三隈さんが来てくれたのでした。
最後の最後に、くまりんこにこれでもかと癒やされて終えることができた、そんなイベントでした。


P.S.
残りの資材をガチ使い尽くす感じに大型建造を回したら、たぶん5人目くらいの陸奥さんが出ました。
ちなみにうちにはまだ長門さんがいません。


なんだろ。艦これって面白い。
ゲームとかキャラクターとかもだけど、みんなとわいわい話しながらやるのが楽しいんですよね。
いわゆる「ソシャゲ」って、どの辺がソーシャルなのか全然わからなかったんだけど。
「艦これ」はソーシャルな楽しみ方ができるなーと、よく思います。
2014-05-09 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。