スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

艦これとか

10日ほど前に着任できてからわしわしやってます、艦これ。
昨日やっと島風ちゃんをお迎えしました。思ってたよりずっと落ち着いた口調のキャラだという印象。
二日目に出た雪風のお気に入りポジは揺るぎませんが。
あとはやはり、赤城さんや加賀さんの雰囲気いいですね。なんか守られてる感じすごい。

今日は一泊二日の用事でやれませんが、まあすごい中毒性だな、と……いうわけで、移動中にブログなど。

冒頭からいろいろ伝わりまくりと思いますが、艦これやると、いつの間にか「お前の女の子の趣味はこうだ!!」と突きつけられるかのようにいろいろ見えてきて面白い。自分のプロファイリングにいいかも。

後は、もともと資料にと買い込んでた艦これ白書やらも、プレイ後に読むと全然違う。
具体的には、各艦の竣工から最後までが全部書いてあるんですが、なんかどれも涙なしに読めない。
ほぼ全艦が撃沈や事故、僚艦から魚雷で処分撃沈されるなどばかり。
一握りの戦争を生き抜いた雪風のような艦は、その後に一万人以上の戦争からの帰国に寄与して、更に賠償艦として中華民国に渡され、そこでもさんざん活躍して、最後は暴風雨で破損して処分になるまで29年稼働……これこそ涙なしに読めない。

もちろんゲームとしても、戦略とランダム要素が絶妙に混在してて、にくい。

ガンダムビルドファイターズで腰砕けになってた模型欲が、艦これで完全に押し倒された。いろいろ画策中…


着任される方は、気をつけましょう……
スポンサーサイト
2014-01-25 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

昔はわからなかった大人の機微を見る

ものすご久し振りににFF6をちまちまやってます。

SFCの頃のゲームって、とにかく容量制限がつらくて必死にその中でゲームを作ってたと聞きます。FF6は、確かSFCで初の24MBだったような。あ、光栄の三国志系のぞく、のかな。

そんなカツカツの中で作られてるので、短い会話、描写の中にいろいろなものが凝縮されてますよね。
よくこんな少ない会話で話が進むな、と思うんですが、確かに不足はない。

またそれだけじゃなくて、ささやかなやり取りの中に、子どもの頃はわからなかった意味深なやり取りが潜んでますね。

いろいろ、FCやSFCの頃のゲームは、密度という意味で、見所ある気がする。
2012-09-30 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今日もむそってた

今日も10時間くらい無双やってた。もうこの三連休は無双でいいや。

無双オロチは、日本中国を中心に世界中の歴史・架空の英傑や絶世の美女が勢ぞろいして、いろんなお話が展開するのですが。
「そういえば俺、今xxxさんと話してるんだよなー」みたいな作中キャラの台詞を見てて、ふと、こんな偉人がわんさかいるところにいたら、ものすご楽しいだろうなーとか考えてた。
妄想屋さんんだなー。いいじゃない。現実との区別くらいはついてます。たぶん。

全キャラ触ったわけではないけど、今のところ。呂蒙、大僑、真田幸村、かぐや、徐晃。この辺の使い勝手や、使ってる時の楽しさ(一騎当千っぷり)が半端ない。呂布をまだ出せてないけど、呂布はやばいんだろうなー。


執筆は、一時間半程度。
ファンタジーなシーンを、FFのサントラ聴きながらやってたらノリノリになってきて、後半は聴くことにノリノリになってた。
植松さんのFFのCDは大体全部買って、でも初期のは結構売ってしまったりしたんだけど、今は手に入るんだろうか。オンラインであったりするのかな。
4~6辺りのゲーム音源のが、MD録音しかないのだぜ……。
2012-09-17 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

塗りつぶせ土曜日

仕事でいろいろあったりもしたので、なんかわーってなって、今日は一日中遊んでました。
朝4時半から6時くらいまでは仕事してましたが。

遊んでたのは、PS3の無双オロチ2。
ストレス解消に最も適したゲームはなんだろう、と先週一時間くらいゲームレビューを眺めてチョイスしただけあって大当たり。
危険なくらい、今の自分がやりたいゲームだった。

無双と言えば、真三国無双2から、やったりやらなかったりで今に至ります。
要するにどんなゲームかは熟知してて、特に5は色々と残念でしばらく離れてしまってたのですが。
無双オロチ2は、ボリュームと爽快感がしっかりあって、これだよこれ!って感じがたまらない。

戦国無双をほとんどやったことなかったせいもあるけど、市やねねがくの一として戦場をかけまわったり、卑弥呼がバリバリの大阪弁美少女だったり(武器はビームを撃つ土偶)、秀吉が何かもうとにかく秀吉だし、ジャンヌダルクとかまで出てくるし、まあとにかく、オロチシリーズのごった煮感が半端ない。

八時間ぶっ続けとかやってしまった。
いまだに目移りしまくりで、持ちキャラが固まらない。序盤からいたかぐや姫が強いんだが、呂蒙が最近はかなりバランスよい。

とか、バカになった一日でした。
部屋の掃除とかはしてましたが。

明日はいろいろやろうっと。
2012-09-16 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

FF13-2

やっとプレイしてます。久々に続き気になりながらやれてるRPG。
13に比べて、適度に自由度あるからかな、ストーリーも悪くないと思う。

何だかんだいって、どのFFも、しっかり練り込まれた世界観とストーリーでファンタジーやってるよなあ、と思う。

特に、いいセリフが出てくるんですよね。
最たるものはFF6で、当時、まずスクウェア社内でいい台詞を募集して、それからキャラクターを作っていったとか、当時のムックにあった。
まだそのムックは大事に持ってて、若い坂口さんや植松さんが載ってる。

前もブログには書いたかな。
最近は時間なくてアレですけど、FFは大好きです。特に植松さんとその生き様とか。

今のFFは代替わりしてしまってるのが、いろいろ寂しいな。

ブルードラゴンもロストオデッセイもやったけど。
今一度、坂口植松タッグの、コテコテなRPGをやりたい。
2012-05-14 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3D

今日、買って五ヶ月のテレビで、初めて3D機能を使った。
観たのは、鉄拳HYBRIDというパッケージのゲームに入ってた、劇場版、鉄拳ブラッド・ベンジェンス。

感動した。

とりあえず、メガネを買うのがハードル高かった。
テレビと別売りなんで、ずっと億劫で買ってなくて、先日やっと買った。
ただの飛び出し補正メガネなのに、七千円くらいした。高すぎる。
だが、今日開けたら、いきなりメガネと一緒にUSBケーブル。何かと思ったら、このメガネ、充電できるらしい。
つまり、電気的な処理で3Dにしてるわけだ……。

やってみてわかったけど、テレビを3Dモードにしたら、何か信号を出してて、メガネがそれを拾って作動する。
ちなみにメガネは、テレビに合わせたSONY純正品。

アバターとか何も見たことなかったけど、これでもかと3Dだった。
アクションシーンで飛び散る破片とか、ほんとに手前に浮いてる。

問題は、人数分メガネが要ることだ。
まあ、どうせ私は一人ですが。泣

鉄拳の映画自体も、佐藤大さんが脚本だったりして、終始面白かった。シャオユウもアリサもかわいい。

やー、これはちまちま、3D映画のBlu-rayも集めたいなと思った。

オススメありますかね。
2012-05-13 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

換装するっ!!

昨夜はガンダムEXVSを開封してしまい、数時間没頭して遊んでた。
いやー、久々にVSやると、やめどきがわからんね。

操作感はSEED系のVSから特に変わってない感じ。すんなり取り戻せた。

ただ、ユニットの特殊武器の類がいろいろ楽しいことになってた。
特に変形、換装系。
ストライクが、エール、ランチャー、ソード、IGWSのストライカーパックに任意に換装できて、まじ気分はキラきゅん。
V2もアサルトバスターに換装できるし、ユニコーンはお約束のNT-D。EXバースト?でフルアーマー化できたり。OO系もトランザムが熱い。

ただ、もっと雑魚系やボス系のユニットも、ミッションモードで出てくる=データはあるのだから、使えたらいいのになと思った。
まさか全部DLCにならんだろな。

ま、ざっと遊んだ段階ですが、かなり楽しめた。ストレス解消!

通信対戦とかしたい人はご連絡を。笑


会社休んでいろいろ手続きやってる月曜日でした。
2011-12-19 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ゲームとか

昨日?発売したグランナイツヒストリーをやってる人が非常にたくさんいる。
確かに店頭で見た時は「おおおっ!」と思ったのだけど、
主人公をキャラメイクするタイプのRPGと知って、外してしまった。
何か最近、キャラメイクものは、時間なくてほとんどやり込めないから悔しくて、敬遠してしまう。

その時ゲーム屋うろうろしてて、結局買ったのは、PSPのスパロボなのだけど。
安かったし久々にやるかーと思ったのだが、例によって未開封。
だって、今日の夜に出張から帰ってきたんだもの。


ゲームできてた頃って、すごく時間あったんだなあ。


あんまりやらない人になっちゃったけど、基本的にゲーム好きです。
時間あれば、がっつりやりたいのに。
2011-09-03 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

GT5。ぐたぐたな五月

全然車に乗らないやよいさんですが(免許は持ってます)、レースゲームは大好きだったりします。

物心つくかつかないかの頃、デパートの屋上でストイックなレースゲームを延々とやってた記憶がある。
ファミコンではモトクロスバイクとかやってた。
スーファミではF-ZERO。
プレステだと、チョロQシリーズはまったなあ。
そしてアホみたいにやったのは、PS2のGT3から。
4もやり込んだ。最後のチャンピオンシップとかまで。
そして、発売日に買ってからやれてなかったGT5を今日、ようやく開封。だいぶ時間泥棒されてしまった。

ガチのレースゲームは、モンハン級かそれ以上の集中力を要求されたりする。一回大きなカーブをしくじってしまえば大きなタイムロスで、勝ちが一気に遠のく。
でも、その鬩ぎ合いが楽しい。
あえて車をチューンナップせずに、ひたすらマゾプレイとか。

だから時間がなくなる。

まあでも、こういうインプットもなんかしらネタにつながったりするもんです。

鵜の目鷹の目で生きよう。
2011-05-05 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

……話をしよう

あれは36万……いや、1万4千年前だったか……

というわけで、エルシャダイをクリアした。
旧約聖書をモチーフにした壮大な設定、美麗な世界観とグラフィック、魅力的なキャラクター。
いろいろと見所はあるゲームで、御存知PVの「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」のように味のある台詞でちょくちょく魅せてくれるのだが……。



以下結構ネタバレ。


むー、その台詞すら、終盤は食傷気味になってもうたなあ。
それというのも、基本的に道案内役のルシファーがひたすら独り言か、電話口の向こうの相手に喋り続けるばっかりで、会話らしいものがない。
イーノックはひたすら無言の主人公。
なんの下調べもせずに買った自分も悪いが、もうちょっと会話劇のようなものも期待していただけに、がっかり。

ストーリー面も、設定や世界観で膨大な仕込みがなされているのに、ゲームがアクションゲームで、上記のように会話も何もほとんどないので、とにかくすっ飛ばしかっ飛ばしながら話が進んでいく。
話がわからないわけではないのだけど、非常に勿体無く感じた。
どうせなら、もっとアホみたいなボリュームのストーリーをゲームの中に落としこんで、RPGにでもしてくれればよかったのに、と思う。

アクションゲームとしても、ひたすら走り続けるシーンが多くて(走るとナレーションが進む、など)、なんだか作業が多かった。
ただ、マップアクションの中には、マリオやらSFCの「アラジン」などを思い出すような面白いステージもあったりして。落ちまくってイライラしたりはしたけど(笑)

あと、6章が別ゲーだった。イーノック、いつの間にそういうの覚えたんだってくらいに派手なアクションをかましまくってた。


色々と、惜しいと感じたゲームだった。
「もっと面白くなるだろう、もっと面白くなるだろう…!」と思いながら終わってしまった感じだった。
全体的なゲームデザインとか、すごく好きなのだけどなあ。
ある意味、ものすごくライトゲーマー向きなのかも。

うーむ、皆さんの感想はどうなのだろう。
2011-05-03 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。