スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

あおえく

「青の祓魔師」のアニメを、2ヶ月遅れでぼちぼちと、やっと10話まで観た。
少年誌特有の熱い展開に、女の子が好きそうな男キャラ同士というか兄弟のやりとりとか、昨今のラノベ風味の設定やら展開やら。
ジャンプやスクウェアのいろんな作品の中では、個人的に一番ヒットしてるかも。
「テガミバチ」も嫌いじゃなかったのですけど。

調べたら、著者の加藤和恵さん、女性で、「ロボとうさ吉」とか描いてた人だったのか。
なるほどなんかいろいろわかったような。

ちょっと原作も読んでみたいなーと思いつつ。
最近は積み本が床抜けるくらいの量になってて、漫画をおいそれと買い足せる状況ではない。


2000冊くらい収容できる書斎が欲しい。
スポンサーサイト
2011-10-02 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

空ノ音、夢ノ彼方

今日は資料の意味もあって、ソラノヲトのBlu-ray7巻を観返してた。
厳密にはTV放送以来観てなくて、未開封だったのを開けた。。

メルさんの描き下ろしカナタに「うおおおおおお!」となったのはさておき。

ソラノヲトの最終話は本当にいい話で、今観返してもすんごくじーんと来た。
クライマックスで、戦争を止めてからカナタとクレハが抱き合うシーンは反則。


んで、この7巻は、TV未放送の追加1話、後日談「空ノ音、夢ノ彼方」が収録されていて、やっと今日観た。
作中の各キャラクターが夢を語る話。
もうなんか、ほっこりした。


もっともっと評価されていいアニメだと思うのになあ、ソラノヲト。
2011-05-16 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ラプラスの亡霊

ユニコーンのBD3巻を観た。
最近、購入したセルアニメを開封して観るのが、大体買ってから半月から一ヶ月以上間が空いてるというか、未開封のアニメがドバドバ部屋に転がっててたまに空恐ろしくなるんだが、考えないことにする。
ちびちび観てるし。
あと、録画アニメも大体遅れまくって観てて、HDDはいつもいっぱいで、なくなく観ないままいろいろ消していってたりとか……。

まあともかく。
今日はユニコーン3を観た。

ユニコーンはもちろん原作を既読なのだけど、展開を全て覚えているのに、それをうわまわって震えさせてくるような映像表現をしてくるからたまらない。
今回だと、やはりダグザのあのシーンかなあ。
あと、ユニコーンがクシャトリヤのもにょもにょをもにょもにょするシーン(ネタバレしません><)

半年に1本という映像化のペースがもどかしくもあり、待ち遠しくもあり。

いよいよこれから地球編。
次の次になるのかな、ダカールでのお話が今から待ち遠しい。物凄い映像になると思う。

ダカールと言えば、有名なのはクワトロさんの演説だけど。
個人的には小説版のZZのワンシーンが胸に焼き付いて離れないのだよなあ。
ジュドーの妹リィナが行方不明になったあと、アムロがジュドーにする行為。
アニメ版ではアムロは登場すらしないのだけど。
小説版で、まだまだこどものジュドーと、死線を潜り抜けてきて良くも悪くも戦士になってしまっているアムロの対比は面白かった。

とか、ガンオタっぷりをちらりと書き留めつつ。


アニメもいつか作ってみたいとか、ちょっと思ったり。まあ、いつか。
2011-04-17 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今更ながら、ナギさま

昨年春に再放送したアニメ「かんなぎ」を録画してためてたのを、一年くらいかけてたまーに観ながら、今日見終わった。

一言で言い表すのが何か非常に難しい、混ぜごはんのような感想。
嫌いじゃないです。
こういうの、書いてみたい。

最終話でざんげちゃんが歌ってたアレ、CDないのかなあ。

地味でも恋はできる。好きになれる。
2011-04-13 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

昼の星に願いを捧ぐなら

今日のブログはネタバレ多めかも知れません。
ので、アニメ「フラクタル」をこれから観ようと思う方は読まない方がいいかも。
でも、露骨なバレを書くつもりはありませんが。


というわけで、フラクタルの最終話を観ました。

作品を通じて、テーマが一本通ったお話だなーと思いました。
制作陣が何をテーマに据えたのか、また他の視聴者さんが何を感じているかはわかりませんが、私は「生の人間と触れ合う喜び」のようなものがビンビン伝わってきて、とても楽しめました。

始まる前から、山本寛x岡田麿里x東浩紀 で話題を読んだ本作は、始まってからはいろいろ雑音も聞こえて、まあ今のところはあまりいい評判は聞かないのですが、個人的には概ね好きな作品になりました。

原案の東さんについては、著作は「クォンタム・ファミリー」くらいしか読んだことがないのですが、何というか、次第に変質していく人間のコミュニケーションと在り方を題材にいろんな著作や論壇を展開されていて、結局その終着点ではいつも家族愛のようなものの大事さを唱えてる方だな、と思ってます。
実際、ものすごい愛妻家、娘バカですし(笑)
いろいろとクセが強くて、東さんの考え方の全部が全部に同意するつもりはないですが、フラクタルを通じて表現されたテーマには、やっぱり東さんの影響が大きいかな、と思いました。
あとは、ダ・ヴィンチで連載されてる「フラクタル・リローデッド」の方も、まだ第一話しか読んでないですが、非常に面白く読める後日談になってるので、早く続き読まねば……

シリーズ構成は岡田さん。「とらドラ!」とか、最近のアニメで、特に女性の表現が秀逸な作品に大抵関わっておられるような気がします。
そして監督は山本寛さん。「かんなぎ」監督だったり、ハルヒやらき☆すたの演出だったりの。
今作で、山本さんの仕事なのか岡田さんの仕事なのかわかりませんが、フリュネ、ネッサ、エンリと言った女性陣がとにかくありのままの女の子で、活き活きしてて、時に生々しくて、良かった。
ただ、色んなタイプの話を欲張りに盛り込んだせいで、ちょっととっちらかってしまった印象はありましたね。
11話でまとめるには厳しかったのでは、と思います。


その他細かいことは書きませんが。一過性の作品ではないな、と思いました。
わーっとアクションや可愛い女の子を楽しんだりするのとは違って、じっとりとした何かを味わうような。
ブルーレイも買うことにしてるので、リローデッドを読んだ後、また時間あるときに観たいなと思います。


以下、超個人的な感想を書いておくと。

ネッサは、花澤さん以外にできないんじゃないかと思えるし、この上ないキャスティングだったなと思いました。

もう一個。立○館大学でのイベントで、花澤さんが近日出演予定作品の話をする中で、「……フラクタ…ル?あ、これ、言っていいんだっけ」みたいに後半尻すぼみに言ったのを私はしっかり聞き取って、一人盛り上がったものでした。
あれは確か公式発表数日前だったので。
聞こえた瞬間、「あ、あのちっこい女の子役かな……」と興奮したものでした。


自重しよう。
2011-04-03 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今期のアニメなど

ブログネタ不足気味。

というわけで、今期のアニメについて、超個人的な視聴リストなど。
リストってほど数ないけど。

【継続視聴確定】
・フラクタル
 ……スタッフ、キャスト的に色々期待。評判は今ひとつだけど、面白くなると信じてる。
・IS(インフィニットストラトス)
 ……諸事情により絶対観る。と思ってたら、バトルシーンはしっかり描かれるなーと。
・まどか☆マギカ
 ……従来の魔法少女ものをどういう風に裏切ってくるか。
・GOSICK
 ……原作も、ボンズのアニメも、悠木さんも、いい。
・STAR DRIVER(前期から継続)
 ……語るに及ばず。ブルーレイ早く来いー

【検討中】
・夢喰いメリー
 ……一話観た感じ、あまりガツンとこなかった。でも、割と皆さん好評なようで。もちっと観てみる。

【未視聴】
一話すら未視聴だけど、録画中。観るかも。
・ドラゴンクライシス
 ……くぎゅが気になる。
・お兄ちゃんのことなんか全然好きじゃないんだからね
 ……タイトルをここに書くのが恥ずかしかった。
・放浪息子
 ……観ておこうかな、と。
・レベルE
 ……同上
・(再)ミルキィホームズ(前期、観てなかったんです)
 ……前期の皆さんの反応を見てたら、気になって仕方がなかった。
・(再)創聖のアクエリオン(観てないんです)
 ……一応。

毎期このくらい録画して、でも半分以上観る時間がなく、
結局HDDの容量の都合でバッサリ……を繰り返してるけども。

昔は休日に、4~5時間ぶっ続けでアニメ観ても平気だったのだが(ガンダム系を一気に20話くらい観たり)、最近は歳のせいか、2時間もたないね……苦笑
2011-01-17 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

くらげ

海月姫おもしろい。
月海ちゃんかわいい。
OPもEDも、沁みるね。
2010-11-20 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

フラクタル

さて、ブログ連投。
今日の記事は、来期アニメで徹底的に期待していたアニメ。
ただでさえ期待していたのに、キャスト発表で期待が跳ね上がった。

フラクタル

山本寛x岡田麿里x東浩紀 ってことで、発表時から期待していたら、
11/10に発表されたキャストがすごいのなんの。
まあ、上記3名ならすごい人たち選んでくると思ってたが。


先日某所でちらりとリークを耳にした時から、わくわくが爆発してましたけどね。


録画・購入合わせて数百時間溜まっているアニメをどうしようかね……。
適当に観れない性格だから困るんだよなー。
「ながら観」ができない。
作画、声優の演技、演出、一挙手一投足観てしまう。

まあ、フラクタルは、そうやって観る価値のあるアニメになってることかと。
楽しみー。
2010-11-12 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

消されるなこの想い、忘れるな我が痛み

アニメ「ゼーガペイン」を観終わりました。
喜劇と悲劇の割合がとても私好みのバランスで、本当に楽しめました。

心から他の人に勧めたい作品に出会うと、
私はネタバレを避けて、抽象的な感想を書いてしまいます。以下駄文。


設定面。
SFには造詣が浅い私なので、チープなコメントになってしまうかもしれませんが、
一つの作品の中で、大胆な設定が、綿密に破綻なく組み上げられてる感じ。
少しずつ明らかになっていく作中の世界の仕組み、謎、伏線。
常に続きを楽しみに観ていけました。


キャラクターの創り込みがまた秀逸。
序盤はありきたりな性格の人物ばかりのように見えてしまうけど、
個々に深い性格があって、また特有の複雑な設定も絡み合って、
なかなか他作品には出てこない、深みのある感情表現、人間ドラマを楽しめた印象。

極めて特異な環境があり、ごく普通の日常があり。
夏祭りのお話は、何だか本当に切なかった。
とある世界の果てを見にいくお話がまた良かった。

個人的なひいきもありますが、ヒロインの異様な存在感が半端ない。
立ち位置も後半の境遇も、非常に面白かった。


唯一少々残念だったのは、ロボットバトルがあと一歩単調に感じてしまったことでしょうか。
全てCGで描かれていて非常に美しいのだけど、
それゆえにどこか無機的だった。


全体的に大満足で、BOX買いしたのは正解だったと胸を張って言える。


そんな訳で。
面白い作品に出会うと、負けじと書きたくなるわけである。
自分も受け取るだけでなく、与える側になりたい。
2010-09-09 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

夢中

夢の中と書いて夢中。
何かに没頭すること。

こういう熟語を誰が思いついたのか知りませんが、
時々素敵な言葉がありますよねー。


おっと、素敵な熟語の話ではなくて、
今はゼーガペインってアニメに夢中になってるって話です。


元は2006年の後半にやっていたアニメ。
当時の私は、不満爆発のまま就活を終え、
しかし同時にその心境を、
ラノベをはじめとした、いわゆるオタク文化でどうにか支えたような状況でした。

漫画、ゲーム、アニメ、元々大好きでしたが、
本当の意味でその良さに気づいたのはこの時でした。

ズタボロになった心境を和らげ、笑いを与えてくれて、
また明日からの活力に繋がる。
冗談ではなくて、娯楽はかくあるべきだな、と思ったものでした。


漫画や小説の編集者になって、世に面白いものをたくさん送り出したい。
結局それは叶わなかった就活の果てに、皮肉なことに、
なぜ自分がそういう想いを抱いたのかの答えを見た感覚でした。

面白いものを創りたいなら、自分で創ればいいんですよね。
変な世間体、体裁、親の心境なんかを気にして、
中途半端に就職、編集という道を取ろうとしたのが間違いだった。
採用されるわけもない。

そういうわけで、そこそこの会社に入りつつ、創作をやるぞー……
と思って三年。色々な事象と感情が重なり合って、本気で今は作家を目指してます。
機を見て、仕事を辞めるなり、もっと時間を取れる仕事へ転職することも、
本当に考えています。


というわけで、ゼーガから見事に脱線しましたが、これから華麗に話題を戻します。

上記のような過程でオタク文化に急速に突貫した私は、
最初、狭く深く突っ込み過ぎて、ハルヒを中心にその界隈ばかりを彷徨ってました。
ハルヒで同人誌も書きました。
あまりに一点に夢中になりすぎてて、当時はロボットアニメなんて目が向きませんでした。
あ、ロボットは基本好きですよ?ガンダムとか全部観てますし。

まあそういうわけでゼーガをリアルタイムで観なかった。
当時、良くも悪くも評判になってた新人声優さんのことも、大して気にしてなかった。


今はそんな4年前の自分を全力で呪い後悔するとともに、
尋常じゃない深度で、ゼーガペインに夢中になっているのでした。

ファン投票でBD-BOX化しただけの事はある作品ですね。
前回のTrue Tearsもですが。


さて。続きを観ますかね。午前2時過ぎなう。
2010-09-08 : アニメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。