FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

3年前の夏とか

ちょっと奮発したヘッドフォンとテレビとソファで、部屋を真っ暗にして映画を楽しむ時間は、今得られる最上級の至福の時間やも。

というわけで、今日は「あの花」の劇場版を観てました。
映画館でやってるときは観る時間がなかったので、初見。
TVシリーズやってた頃から文字通り3年ぶり。

3年前、2011年は、
震災があったり、ラノベ合同誌Hybrid!を始めたりと。
今の自分にとって結構大きな年だった。
2011年と言われて思い出すいろいろな中に「あの花」もある。
作品としてとても印象に残ったし、その後に秩父で行われた夏のイベントに足を運んだりもした。
今回映画を観てて、作中の秩父の風景からすぐに、木々に囲まれたイベント会場を思い出した。
懐かしいなあ。あー。

「あの花」は、お話とか、めんまとか、いろいろと素敵なのだけど。
今日観てて思ったことは、日常の暮らしで大抵は溜め込んだり飲み込んだりしてるいろいろを、これでもかと叩き付けられた気がした、という点。
これでもかと吐露される若い想い、迸る気持ち。
なんかすっごく、羨ましいなーって思った。
そういう毎日、生き方からは随分遠い場所、かなわない年齢になってしまったことを改めて痛感した。

でも、そういうのを捨てられないから、今も大人げない生き方をしてるんだろうなーと。
そんな自分は、嫌いじゃない。


昨日は唐突に、友人夫婦と会う機会があった。
深夜に近くにいたからご飯食べないかーって呼ばれて。
バタバタと食事しながらいろいろ話して、終電逃して、近くの駅まで帰って真夜中を歩いて帰ったりした。
何が普通かなんてわからないけど、人それぞれの生き方をしている。
今、案外自分の生き方に胸を張ることができたので、それでいいかなって。
数年後には派手に後悔してるかもだけど、そんときはそんときで。


今年の春で会社を辞めることにして、人事広報も先日出て、大騒ぎになっていていろいろ忙殺されてるけど。
繰り返すけど、そんな今の自分や状況が嫌いじゃないので。

このまま頑張ろうと思う。頑張るぞー。
スポンサーサイト
2014-03-08 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。