スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

第二回「艦これ」観艦式レポート的ななにか

第一回は参加しなかったのですが、第二回には昼の部に参加してきました!
第二回「艦これ」観艦式公式サイト

二時間としばらく。こんなに頬が緩みっぱなしの時間は人生で初めてでした。
そのくらい、楽しいイベントでした。
というわけで、レポート的なものを書いてみようと思います。

●入場~開演~第二回「観艦式」、序盤
入場は全席指定なのに長蛇の列。どうしてこうなるんでしょうね笑。
並んでる間、いろんな人を見ました。提督っぽい帽子を被ってる人がいたりとか、艦これのTシャツやグッズを身につけている人はそれほど数え切れないほどに。

中に入れば、お約束ですが、いろいろな広告を渡されました。
昨今の艦これのフィギュアをおしゃれにまとめた小冊子とか(眺めてるだけで幸せになります。買いまくると沼)。
艦これアーケードをプレイするための、最初に必要なカードの非売品版(伊勢・日向イラスト)をもらいました。
あと、建物内では艦これアーケードの試遊ができた?ようです。すごい人だかりだったので遠目にちらっと眺めるだけでしたが。大画面で艦娘さんたちが動いてるのっていいですね。

そして座席へ。私は比較的前方の右サイド側でした。
出演者の表情がわかるくらいの距離でしたが、大型スクリーンもあったので、後ろ側や二階席三階席の方々も十分楽しめたんじゃないかと。
しばらくして、吹雪(上坂すみれさん)のアナウンスの少し後、幕が上がりました。

序盤は、赤城さんが司会を務める形で、全員艦娘として(声優としてではなく、なりきった形で)進行していきました。
まずは、約80人だか90人だかの艦娘さんの自己紹介。
ちなみに、史実の「第二航空戦隊」「第六駆逐隊」「第十六駆逐隊」みたいな部隊ごとの紹介。司会の赤城さん(藤田さん)が噛む画面がありましたが、「えへへ、噛んじゃいましたねっ」と赤城さん風に柔らかく笑ってアドリブフォローされるのが、かわいかった…。
いろんなのがあったんですが、まあ笑ったのは、東山さんの役がほぼ全部連続で固められてたところですね。金剛四姉妹とか高雄型四人とか、十何人を連続で演じ分けて魅せてくれました。
もちろん他の方々も演じ分けが完璧で、今更ながら声優さんってすごいなーと、ほけーとしてしまいました。

いきなり全員紹介ではなく、半分くらい紹介したところでいったん引いて、最初のライブステージ。
吹雪・睦月・夕立改二による「Bright Shower Days」。
なんと三人が、三人の艦娘さんのコスプレで登場。えっと、似合いすぎててかわいかったです。
下記、上坂さんのTwitterより。



さて、この辺からイベントの催しの内容とか順番の記憶が私の中で曖昧になってきたので(老い)、いくつかのパートを箇条書き風に書いてみます。
順番間違い、内容の漏れや間違いその他あったらごめんなさい!

●寸劇1/日向の瑞雲推しが面白かった
序盤で、日向や加賀さんや熊野たちがいるという場面で、「赤城さんが来ていない」という場面。
加賀さん(井口裕香さん)がやたらとそわそわしながら、「こんな大切な日に赤城さんがいないなんて…」と焦れったそうです。
そうこうしているうちにも、敵がくるかもしれないと日向が言い出し、「瑞雲を索敵に出そう!」と提案。
瑞雲を射出するんですが、会場内での瑞雲演出が力入りまくってた(緑色のレーザーで壁に航空機を描いて、それを飛ばす)。
そして瑞雲が間宮で赤城さんを見つけてきて、登場した赤城さんは、「ほ、補給に少し手間取ってしまいまして!」と説明。
そんなこんなで出撃、みたいな流れだったかと。

●ライブ+寸劇2/那珂ちゃん
暗転してのライブ2本めは、那珂ちゃん(あやねる)の「恋の2-4-11」でした。
客席がほとんどスタンディング状態になり、大盛り上がりでした。
ライブが終わったと思ったら、「那珂ちゃんは艦隊のアイドルなのに、どうしてライブの一番目じゃないのおっ!?」みたいな憤りを見せたあとに、「でも、センターとして頑張っちゃうんだから!きゃは!!」と笑顔。
そこに北上さん(大坪さん)と電ちゃん(州崎さん)が現れて三人の寸劇が始まるんですが、ライブからそのまま寸劇に移行して、手元に台本がなかった那珂ちゃんが「あれ、台本どこおっ!?」と探して舞台の端へ慌てて走っていき、手に取るもページがすぐにめくれなくて、北上さんと電ちゃんに「えっと、どこ、何ページ!?」みたいに聞くシーンがありました。どこまで演技でどこからアドリブなのかもうわからない。
ゆるゆるとした三人の掛け合いは、北上さんが運営鎮守府からの電文という形で8/10から始まる夏イベの説明をしたあと、「あれ、時間押してる!?じゃああとの説明はまた別途として、ここで艦これ改の紹介を~」と、このぐだぐだ感がまた演技なのかアドリブなのかわからない感じに、艦これ改のPV紹介へ。

●艦これ改の特報
まずは「発売日が延びてごめんなさい」との言葉。会場は笑いに包まれました。
「新しい艦娘やシステム追加でどうしても延びてしまって…」との補足のあとに、新PV紹介。
リットリオさんとローマが動いて笑ってました。美味しいパスタが食べたくなりました。
11/26には発売してくれるかなあ。vitaは1月に既に買って、待っております。

●艦娘紹介の続き
さっきは赤城として司会だった藤田さんの役も自己紹介。
雪風->時津風の連続紹介のところで、私の顔はたぶんゆるゆるになっていたでしょう。
そうそう、最後に給油艦「速吸」(はやすい)の自己紹介がありました(野水さん)。今回イベントの新艦娘の一人はこの子ですね。ゲーム的にどういう能力があるのだろう…。

●ライブ+寸劇3/加賀さん
「加賀岬」、やっぱりありました。会場は青のペンライトで包まれました。
加賀さん(井口さん)の演歌風歌唱がお見事だったんですが、このとき同時に印象的だったのは、井口さんの加賀さんのコスプレでした。すごく自然に加賀さんだった。
加賀さんが赤城さん相手にそわそわしてた理由は、きっとこれだったと思います。
歌のあとに声のみで、翔鶴と瑞鶴(つまり野水さん一人二役)の寸劇がありました。
「あらあら瑞鶴、どうしたの、泣いちゃってるの?」「ち、違うしっ!」「もう、本当に加賀さんのことが大好きなんだからっ」「~~~~!」
生声で聞くと、違いますね。

●寸劇4/聯合艦隊
大和(竹達さん)武蔵(味里さん)、加賀や翔鶴、長門や神通(全部あやねる)、熊野、望月(日高さん)や雷(州崎さん)らの登場による、聯合艦隊編成~昼線、夜戦の寸劇がありました。
航空戦では、スクリーンに映った敵艦隊に空母おばさんが二人並んでいて、会場が爆笑の渦に。
昼の航空戦、砲撃戦、そして夜戦の雷撃戦と、声優さん気合いの演技で敵艦隊を撃破していくのは、ゲームがそのまま生で繰り広げられてる感じでよかったですね。
熊野(ブリドカットセーラ恵美さん)の「とおおおおおおおおお!」は、噴きました。
演出も、ステージで花火を炸裂演出に使ったり、ドライアイスとか、ライトを探照灯風に動かしたりと凝ってました。
書いていいのかな、敵を倒したあとに、雷ちゃん(州崎さん)が「やったのです! ……違った、やったわ!!!!」と電ちゃんのフリをするシーンが(笑)。

●ペンライトによる参加型進行
寸劇や戦闘等の合間合間に客席へ、ペンライトの青と赤の二択で回答を求めるシーンが何度もありました。
青が「夜戦」、赤が「撤退」など。
ほとんどのお客さんはステージのお話進行的に適切っぽいペンライトを掲げてましたが、たまに逆をあえて掲げてる人もいて(私も何回かやりましたw)、その都度アドリブの対応が面白かったです。

●ライブ/提督との絆
東山さんが、金剛四姉妹を演じ分けながら歌い上げる「提督との絆」。しっとりした空気に。会場は黄色のペンライトです。
演じ分け、すごいですね。

●寸劇5/再び夏イベに関して
運営鎮守府からの電文の続き。今度は金剛と吹雪と睦月と夕立と、大井っち(大坪さん)。
大坪さんが北上さんの三つ編みヘアースタイルだったんですが、「北上さんが好きすぎて北上さんの髪型をしている大井です」という素敵自己紹介をキメてくれたのが、たぶんここの寸劇だったような。記憶が…。
そして、艦これアーケードのPVへ。
PVが終わったと思ったら、金剛や吹雪たちが慌てるようにステージから引いていきます。そして…

●ライブ/吹雪
西沢幸奏さんがいつの間にかスタンバってました。間髪入れずに始まるED曲「吹雪」。
一気に会場がヒートアップしていきましたね。
「吹雪」がとても良曲だというのもあるんですが、西沢さん、とってもいい歌い方をするし、ライブを楽しんでる風でした。これからも頑張っていってほしいなあ。
「と~どけ~!」はみんなで合唱。

●ライブ/海色
さらにそのまま、AKINOさん登場。さらにキレッキレで歌い上げられる「海色」。
とても熱くて、でもなんか、そろそろ観艦式も終わりなのだろうなあと、切なくなりました。

●参加者全員のご挨拶
ここで初めて「艦娘のなりきり」を解除し、皆さん、素でのご挨拶。
全員やると、とんでもなく長い時間でした。
いろいろあったんですが、いくつか印象的だった部分をピックアップすると。
夕立役のタニベさんが、「こんな大勢の前でのイベントって、初めてで、今すっごく緊張してます…!」。
あやねるさんの、「いろいろやってる佐倉綾音です」「アニメでは、アフレコの前夜は毎日眠れなかったんですが…」。
大坪さんの「北上さんが好きすぎて北上さんの髪型をしている大坪です」。
井口さんの「やっとはっちゃけられるー!!ずっと加賀さんの口調だったから…」。

●アンコール
全員また出てきての、「提督との絆」合唱。

●終わったと思ったら……
やっぱりあった、特報。
突然始めるアニメ映像は、吹雪改二が映って、その背後には夕立改二と、睦月改二!
そこから、いろんな子達をカメラで映して回った感じに、いろんな艦娘の一瞬がアニメで流れて。
最後に…「劇場版、2016年公開」。
同時にTwitter上では、アニメ二期同時制作の報も流れていました。
面白いアニメとなることを期待しています。座して待ちます。

あー、いっぱい書いてしまいました。
整ってない主観混じりまくりのブログをここまで読んで頂きありがとうございます。
繰り返しますが、楽しかった!!

最後はまた、上坂さんのTwitterから。皆様ありがとうございました。



艦これ速報さんのレポート
まとまってて写真もあるレポートは、こちらなどどうぞ。



●オマケ。朝イチ、物販~開演前レポ
公式サイトを見て頂くとわかりますが、とても魅力的なグッズの数々。
公式パンフレット限定版の複製原画にちっさく雪風が描かれてるっぽかったので、私はこの絵が欲しくて、始発で家を出ました。
ちなみに前夜はバイトで普通に23時まで働いて、帰って、寝たのは2時半。起きたのは4時です。でも全然眠くなかった。遠足こども状態。

みなとみらい駅へ5:40過ぎに到着。
会場のパシフィコ横浜についたのは5:50くらいで、数百人並んでるかなーという感じでした。
曇りで、すぐ横には海が広がっていて海風が気持ちよくて、物販開始の9:00までの待ち時間はそこそこ楽でした。
物販が開始して、列が少しずつ建物内へ。
建物の中では、これからリリースされる各種フィギュア等の展示がありました。AGPの比叡がありましたが、艤装展開ギミックが他の三人に比べてどう特徴的なのかよくわからなかった…(物販列で移動しながら見る形だったので、展示ショーケースに近い人以外は遠目に見るしかなかったのでした)。今後展開の一番くじ大和が、なんかやばそうな内容だった。大和本体や大和のいるドックの部品がいろいろあって、コンプリートすると大和+ドックのジオラマが完成する、みたいな。近くにいた人が「これ、とりあえず全部買うしかないんか?」とか笑いながら話してました。

さて、それで建物内で展示もよく見えないので、「複製原画買ったら家のどこに掛けようかなー、どれか掛けてる絵を外さなきゃいけないかなー、でも今回のは小さいからまだ空いてる場所に……」なんてわくわくしながら考えていたら、複製原画つきパンフ売り切れの報。まだ私の前に莫大な人数が並んでいるというのに。私の周囲はみんな始発で頑張ってきただろう人たちなのに。
みんな、お通夜のように静かになっていきました。それは並び疲れてきただけではなかったでしょうね。私も泣きそうでした…。
もうちょっと数を準備できなかったのかなあ。後日、追加の受注生産とかないのかなあ。
仕方なく通常のパンフレットを購入。こちらももちろん素敵なイラストに盛りだくさんの内容なんですが、雪風がいない…。家の壁にも掛けられない。

心身疲れて外に出てから、しばらく横浜の海をぼーっと眺めました。
ざぱーんざぱーんという潮騒が、妙に沁みました。
そう言えば海で最後に泳いだのはいつだっけ、なんて、あのしょっぱい海水を思い出しながら回想したら…記憶にある限り、小学校低学年以来、海で泳いでいないことに気づきました。

それから開演まで二時間半あるという微妙な時間。
家に一度帰ったら、すぐ出てこないといけない。
というわけで、みなとみらいをふらふらすることにしました。
あ、ちょうどこの頃に11:02となりました。70年前、長崎に原子爆弾が投下された時刻。長崎生まれの私は、そっと黙祷しました。
この頃に私のスマホ電池がなくなりました。

寝てないしろくに食べてないので、とりあえずごはん。
パシフィコ横浜内の「横浜ミルクホール」ってお店でオムライス食べました。大盛り喰ってやりましたよ。

パシフィコ横浜展示ホールでやってた「ヨコハマ恐竜博」にちょっと惹かれたんですが、疲れてるのと、開演までに観きれるか不安だったのと、親子連れでごった返してたので、断念。

スマホをどこかで充電できないかなと、みなとみらいのショッピングモール「クイーンズスクエア横浜」へ。
ここで事件が起きるのです。
…なんと、「SNOOPY TOWN SHOP」を発見。
ええ、私は大のスヌーピー好きなのです。(過去ブログ参照)
荒み気味だった心の癒やしを求めて、私はそのお店へ吸い込まれていきました。
――過ごすこと約一時間。
気づくと、大きな買い物をここでしていました爆笑。
いや、ちょうど財布が傷んできていたところに、とてもかっこいいスヌーピーの革財布があって。それで。どかんと。初めて長財布を買いました。
この後に書きますが、観艦式は本当に楽しいイベントでした。物販の苦い想いと、長い付き合いになりそうな財布と、ネガティブな気分を吹き飛ばしてくれたイベント。いろんな想い出がこの財布には一緒に詰まって、特別な品になりました。
スポンサーサイト
2015-08-10 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。