スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

艦これオンリー砲雷撃戦14、お疲れ様でした

艦これオンリー「砲雷撃戦よーい!第十四戦目!」、お疲れ様でした!
スペースにお越し頂いた方々、ありがとうございました。
久し振りの大田区産業プラザPiOだったり、初めてのオンリーイベントサークル参加だったりでいろいろどきどきでした。
超密度の会場スペース配置となり、一般・サークル参加ともぎゅうぎゅうの中での一日でした。
大変でしたが、その密度感が楽しくもありました。
あと、コスプレさんがとてもかわいい方多かった気がします。眼福でした。

さて、最近の私は艦こればっかりやってて本分を見失ってる人みたいになってますが、他にもいろいろとやってます!やってますってば!
というわけでじわじわですが、新しい活動も公開していけたらなと思ってます。
2/1のコミティアは既刊以外に、何か今後の活動をほのめかすようなペーパーでも作れればと思ってます…。
艦これも、やりたいことがどんどん湧き出てくるので、いろいろ考えますが…。

本分。サラリーマンやめて筆で生きていこうと思ったのだから、そちらでしっかり立てるよう、足腰を鍛えたり、立てる場所を探したり杭を打ち込みにいったりと、たゆまず挑戦していきます。IMG_1186r1.jpg
「私の艦これ」「私の艦これ -箸休め-」、楽しく作ることができた2冊です。
さて、お料理の間に来るのが「箸休め」。ということは…。
2015-01-26 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2014年振り返りと2015年抱負とか

一年の計は元旦にあり。
というわけで、年末に書くつもりが書けなかった振り返りもしつつ、今年の抱負や計画などをつらつらと書いてみます。
日付はもう2日になってしまいましたが……。

●2014年振り返り
(1)サラリーマンを辞めた
いろいろあった1年なので忘れそうですが、忘れてはならないのが、「サラリーマンを辞めたこと」。
2007年度からまる7年やった仕事を退職しました。理由はもちろん、創作の道に本腰を入れて挑戦するためです。
勤務時間や内容が激烈だったことにもちろん不満はありましたが、ブラック云々とか持ち出す気持ちはほぼなく、むしろ充実した7年間で、やり甲斐のある仕事だったと思います。
今思えば、他者との交流や交渉の術を学んだり、数え切れない海外出張で海外とそこの人々を知ることができたり、得るものが多かったです。
今は作家・ライター業になるべく、公募だけでなく持ち込みや、イベントで知り合った方と企画を起こしたり、仕事をもらったりと、場面場面で様々な動きをしていますが、その全てにサラリーマン時代の経験は活きてるなと痛感してます。

(2)書店バイト
大学の頃も書店で10ヶ月くらいやりましたが。
わずかな収入とマーケティングを兼ねて、書店で働いてます。
大学時はマーケティングの意識なんかなしにやってたので気付きませんでしたが、いろいろ思惑を持ってレジに立ってると、お客さんが何を買うかを観察しているだけでいろいろな物が見えますね。
詳しくは割愛しますが、今後どんどん厳しくなっていくでしょうね、書店は……。

(3)じゃあ、創作は?
今年は、新生活に身体を馴染ませながら、居候が長期間家にいたり、同人企画に莫大な時間を費やしてしまうなどで、自分自身の創作にはあまり時間を割けずに終わるという体たらくでした。
これは大いに反省するところですね……。
ですが、今まで書いたことのないタイプの長編を書いたり、オーバーラップ文庫大賞で最終選考まで引っかかるなど、いくつか手応えを感じる出来事もありました。
特にOVLの選考は、選考に残れたことよりも、評価シートをそれなりの量頂けたことが大きかったです。そこに書かれている内容で、自分の作品をしっかり読んで頂けていること、どういう風に他者が伝わっているか、自分が見えてなかった悪い点を指摘されたり、あるいは、自分が描きたかった主題がしっかり伝わっていると感じられる講評を頂いたりなど……単純に嬉しかったです。
今まで評価シートなんてほとんどもらったことなかったですし、他の知人から感想をもらったことも数える程しかありません。一作品に対してまとまったフィードバックをもらったのは初めてでした。

改めて、「感想」「フィードバック」はとても貴重なものだと痛感しました。
上位まで選考に残って評価シートをもらうという行為を死ぬほど繰り返してようやく受賞に到達する方々が大半なので、ある意味自分はまだまだ長い戦いの序盤のレベルなのかな、とも感じました。
とにかく、たゆまずやっていくしかないですね。

(4)同人企画
2014年は、初めて二次創作の合同誌をやってみました。ええ、艦これです。
一次創作とはまた違った難しさがあったのですが、一次と一番違うのは、見てくれる人の数が桁違いだということですね。
上記の通り、見てもらえる、フィードバックが期待できるというのは、非常に大きな魅力です。
ただ、だからといって、そういった見返りだけのために二次創作をやっても、そのジャンルに対して深い想いのこもった作品にはなかなかならず、結果として、大したフィードバックはついてこないかも知れません。
「好きだから」を最大の原動力にして、二次創作は取り組みたいですね。だから、楽しい。

(5)商業?
小さな小さなお仕事ですが、商業と呼べる分野でちょこっとだけお仕事を頂き始めました。
勉強させてもらうつもりで、少しずつ経験と実績を積み上げていきたいと思います。

と、振り返りはこんなところで。


●2015年抱負とか
(1)たくさん書く、動く
身も蓋もない抱負ですが。2014年は、新生活でやりたいことやリズムを見極める一年だったと(前向きに)考えます。
狙いたい場所と、踏めるアクセルの度合いは掴んだつもりなので、その具合で今年は前進に力を入れたい。

(2)具体的には……
有言実行の縛りを己に課すべく。列記してみます。
・1/25艦これオンリーまでに、短編一つ
・2/1コミティアまでに、次企画の概要をまとめ、公表できる状態まで持っていく
・2月末の某所の公募に長編を投稿する
・5月コミティアまでに、次企画を動かし始める
・8月コミケで、やらかす
・上記をやりつつ、長編1本/2ヶ月を維持する(年間6本)
・上記をやりつつ、商業のお仕事も頂けるものは全てやっていく

(3)"次企画"とは?
電子書籍の舞台に出ていってみようと画策中です。

もっと違うことをいろいろ書こうと思ってましたが、こんなところで……。
前職、同人企画、商業のお仕事、その他いろいろ……全て、人の縁がきっかけで何かを得てきています。人とのつながりは、とても大事だと思います。
2015-01-02 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

頑張ろう 2014 -WINTER-

今日は春奈るなさんのライブ@渋谷公会堂に行ってきました。

思えば、ソード・アート・オンライン1期後半のED曲「Overfly」でるなさんの歌声を一気に好きになり、
物語シリーズの主題歌「アイヲウタエ」のキャンペーンのときに秋葉原ゲーマーズでご本人とハイタッチをして、
2013年10月には1stワンマンライブへ行き、
2014年3月には2ndワンマンライブへ、ファンクラブにも加入して、
2014年6月にはファンクラブイベントのるなてぃっくサミットvol.0に参加したりと、びっくりするくらい着実な何かをやっています。
決して熱狂的な何かではないと思うのですが。

るなさんに惹かれた大きなターニングポイントは、1stライブのときにMCでおっしゃってた「誰に何を言われようと、好きなことを諦めなかったからここまで来られた」というような話と、その気持ちを歌詞にした曲「ぼくというきみへ」でした。
今日はその曲を、バックに歌詞を投影しながら歌う感じで、MCも相まってとても印象的でした。

アンコールで、来年タイアップする「冴えない彼女の育て方」の主題歌をお披露目頂いたのが、結構なサプライズでした。
ポップでアップテンポで、作品ヒロインの加藤恵さんを思わせるような歌詞も含まれてて、アニメがますます楽しみになってきました。


他にも、今回はライブで面白いことがいくつかありました。

一つは、6月のるなてぃっくサミットで、るなさんから『サー(Sir)』の称号を頂いたマッチョの方(ものすごく礼儀正しい)が、物販列で一人一人声をかけて色紙の寄せ書きを募っていたことでした。
サーとは6月イベントの時にちょっとだけお話してたのですが、今日「サーじゃないですか!お疲れ様です!」とお話したら、向こうも覚えていてくれたようで、奇妙な親しみを感じてしまいました。

もう一つは、るなさんの「ラムネセカイ」という曲があるのですが、『もしラムネセカイがライブで歌われたら、みんなで会場をラムネ色に染めましょう!』というメッセージカードと一緒に、会場の人にラムネ色(薄緑色か青色か、みたいな)のサイリウムを配っている人がいました。
んで、実際にラムネセカイが歌われて、会場は結構壮観な風景になったのです。るなさんも驚いてました。


……きもいとか思っても、言わないでくださいね。
好きなもの・ことを全力で楽しむって、こういうことだと思うんです。

自分も、好きなことのために平凡な人生を投げ打ってしまった身。
とことん追い求めていきたいと、改めて思った一日でした。
頑張ろう。

写真は、
遂に買ってしまったキングブレード(春奈るなモデル)と、
ラムネセカイ企画で頂いたサイリウムとメッセージ、
そして今日のチケット半券。
IMG_1152-1.jpg
2014-12-13 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

楽園とは

映画「楽園追放」を観てきました。面白かったです。
ネタバレは書かない主義なので、そうならないように思ったことなどをちょこっとだけ。

脚本が虚淵さん/ニトロプラスというところで興味を持って、それ以外の予備知識はCM観てるだけくらいの状態で観たのですが、まあとにかく面白かったです。
一緒に観た友人と後で語り合ったのですが、虚淵さんがここ数年の作品で一貫して描いている哲学というかテーマというか、そういうものを今回もしっかり、それでいてわかりやすく盛り込んであって、個人的には、現代社会への風刺としても考えさせられるところが多々あるなあと思いながら観てました。
楽園ってなに。幸せってなに。
私もしばしば見失いがちだったりするんですが、血の通った生き方というか感じ方をしながら、有限な人生を楽しみたいと思う次第です。

まああとは、こどもの頃から人並みかそれよりちょっと多いくらいにはSFや宇宙が好きだったので、こういう世界がいつかは来るのかなーとかいろいろ思いながら観てみたり。

声優さんで言うと、釘宮さんの演技が印象にとにかく印象に残りました。
すっかりベテランになられたなあ、というか、ツンデレ役といえばくぎみー、というような枠を壊してはみ出してきたかのような強さを感じました。
完治していたはずの俗に言う釘宮病が再発しました。(先週発売した電撃Fighting Climaxでシャナと大河ばっかり使ってる私ですが)

もちろん三木さんも素晴らしくて。
この映画はもちろん、男性の方がツボを衝かれる要素満載の作品なのですが、三木さんが演じたディンゴも、男でも惚れてしまうくらいカッコイイところが何度もあって、なんだろ、女性が観たらどういう感想を持つのか非常に興味のある映画ですね。女の子と映画観にいってみたい……(涙)

そんな感じで、資金難で我慢してたんですが、たぶんAmazonでぽちってしまうかな……。
こういうSF映画や小説って、10年20年、あるいはもっと時間経ってからまた観たいですね。
「2010年宇宙の旅」とか、ハインラインの「夏への扉」とか。
描かれたときは未来の(空想の)技術であっても、いつの間にか実現してたり、類似した技術が出てきてたりする。あるいは、全然違う世の中になってたり。

自分もそういう、長い時間誰かに楽しまれるようなモノを作りたいと思うのです。
それが、今感じる「幸せ」の一つかなあ。
2014-11-16 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

大和さんが着任しました

バンダイのAGP(Armor Girls Project)新作、大和さんがうちにやってきました。
AGPは昔から不良品の悪評がすごかったので恐れおののきながら待ってたんですが、比較的良品が来てくれたようで、とても嬉しかったです。
開けていろいろ遊ぶ前に、どうせなら……と思って、昨夜つい、figmaの赤城さんをAmazonお急ぎ便お試しモード発動して注文してしまいました。
見事、今日の夕方頃に赤城さんも来てくれました。

というわけで、久々に遊んでしまいました。
稼働フィギュアって、figmaの初代初音ミク以来の気がします。
ねんどろいどは、シャナと遠子先輩と、もう一人買ってますが、あれはデフォルメなのでノーカウントで……。

遊んだ風景、Twitterで写真垂れ流しましたが、こちらに改めて。

IMG_1105_r1.jpg
「ようこそ鎮守府へ!」
大和さんは年中艤装を背負ってたら疲れてしまうので、普段はすっぴんだと思います。
赤城さんfigmaのバックショットって、矢筒とか袖まくりした腕とかのおかげで、すごくかっこいい気がします。

IMG_1115_r1.jpg
「着任のお祝いにボーキサイトはいかがですか? それともごはんの方ががよかったですか? おいしいですよ?(もぐもぐ)」
「わ、私はボーキサイト要りませんから……って、いったいどこから出したんですか!? しかも両手持ち……」
前を向くと、こういうことをしてしまう赤城さん。
ごめんなさい。本当は大好きですよ。うちの鎮守府でも、Lv111で一番活躍してもらってる空母さんです。
ちなみに、背景の布が中の人つながりな感じになってるのは、気にしないでください……。

IMG_1119_r1.jpg
「赤城さん、あんまり不真面目ですと、私……」
ジャキーン。
というわけで、艤装をつけてみました。
すっごくよく出来てます、この艤装。ぐりぐり動かしていろいろなポーズ取らせてるだけでずっと飽きない。

IMG_1120_r1.jpg
「すみません、つい(もぐもぐ)。では(もぐ)、ひとつ演習でもいかがですか?(もぐもぐ)」
と、こちらも戦闘態勢。
赤城さん、とっても美人フェイスなんですが、一度ボーキとごはん持たせた後だと、真面目な顔なのに笑えてきてしまいます。ごめんなさい。

IMG_1124_r1.jpg
「そう来ていただかなくては! 艤装展開!」
横幅がすごいことになって、さっきまでの白い布じゃ後ろが全然隠せなくなったので、イベントでテーブルに敷いてる青いテーブルクロスを引っ張り出してきました。
広げてまず感じた既視感。「ああ、ミーティア……」でした。

IMG_1126_r1.jpg
なにげにこのフィギュア、後ろ姿が鳥肌ものだと思います。
後部の三番砲塔も、ちゃんと回転して上を向けたりできます。
頭につけてる電探ホルダー(?)が、鉢金みたいになっててかっこいい。

IMG_1125_r1.jpg
ちょっと近づいた写真。
艤装にざっくりシャドウが吹いてあります。
スミ入れとかしたくなるなあ……。

IMG_1127_r1.jpg
「赤城さんに向けて、全砲門斉射!!」
着任早々、容赦のない後輩です。
でもゲーム中、実際、低レベルでも無関係に圧倒的な力を見せつけてくれますね……。
そのくせ、真面目だけどどこか舌っ足らずな話し方や、甘えようとしてやっぱり我慢するような台詞とか、比較的後輩立ち位置の艦娘っぽさがあって、まあとにかく、かわいいです。強いけど。

あんまり大和大和言ってたら、乱入者が……
IMG_1128_r1.jpg
「ワタシを忘れてないデスカー!?」
うちの鎮守府正妻、最初のケッコンカッコカリをさせて頂いた金剛さんです。
いきなりぶっ放してきてますが、笑顔なので怒ってないはず。

IMG_1129_r1.jpg
並べるとこんな感じです。
金剛のスケールフィギュアは立ち絵のが予定されてるだけですね……それももうしばらく先っぽいです。

ここまででいったん撮影を切り上げたんですが、あとで思いついてやっちゃいました。

IMG_1134_r1.jpg
「これなら運命の五分間を塗り替えられる……!」
ミッドウェーは、判断ミスやらいろいろ不運が重なってしまった戦いとは思いますが、遠距離に控えていた日本の大艦隊を思うと、布陣やらやりよう次第ではいろんな展開もあったのだろうなと、調べれば調べるほど思っちゃいますね。

というわけで、AGP大和と、figma赤城、ねんどろ金剛でした。

ちなみにアオシマ雪風とHJ島風は、こちら
うちの鎮守府を初期から支えてくれてる二人です。
2014-11-02 : 気分転換 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

野菜を作ろう

ここしばらく、ブログを一ヶ月放置して広告が出たら慌てて更新……を繰り返してる気がする。
というわけで、月一回は何か書くようにしようと思います。

と言っても、特筆するものはないので(まだ広島旅行の宮島レポ書けてないんですががが)、最近のハマリモノとか思うこととか、雑多に書き殴ってみます。

●艦これ
1月に初めて9ヶ月。相変わらずやってます。
さすがにやりまくる感じはなくなって、1日数回の出撃と、長時間遠征をちまーちま回してる感じ。
ゲームそのものは、会えてない子に会うべくまったりやってる感じですが、それ以外の部分でドハマリしてますね。
一昔前まで、太平洋戦争について高校日本史程度の知識しかなかったのに、いつの間にか関連書籍を読みあさって、偏った知識を抱え込んでしまいました。
こうなると、アウトプットしたくなるのがクリエイターですよね。違いますか。
まあ、それはともかく。
いつになったら大鳳さんに会えるのか。

●電子書籍とか
しばらく前から、KindleとBOOK WALKERで二刀流なんですが、そんなに活用はしてませんでした。
でも、10/1の角川・ドワンゴ合併での大安売りで、一気に買い込んだりいろいろして、その流れで、より傾倒している昨今です。
というのも、紙の本ってどうしても劣化が避けられないですし、持てる量にも限界がありますゆえ。
部屋の整理をするたび、大切にしていた本が劣化しているのを見つけてしょぼーんとするのですが、歳を重ねるごとにそれが増えてきてしまい。
どうしても紙で持っておきたいもの以外は、いつでも読み返せるという意味でも、電書にしておいたがいいかな、と思い始めています。
というわけで、安売りやフェアのタイミングで、持ってる本を少しずつ電書に買い直して、紙の本は処分していっています。
もちろん、新しい本を電書で買ったりもしてますよ。
読み味は、やっぱり紙の本が好きなんですよね。

そんな電書置き換えの中で、好きだった本を再読したりしてるんですが。
今猛烈にブレイクしてるのが、漫画の「朝霧の巫女」です。
読み返しても、キャラクターの細かい機微がそこら中にそっと表現されていて、大好きな漫画です。

●ボーリングとか筋肉痛とか
とある方のお誘いがきっかけで、半年に一回くらいのペースで不定期に開催されているボーリングオフ会に参加しています。
私はド下手で、最初に誘われていったときはそれこそ10年ぶりとかそんな感じで、ひどいものだったのですが、半年に一回程度でも、ここ2年くらいやってると、何だか多少は狙えるようになってきました。
ただ、毎度毎度、ボーリングやった後は、身体のあちこちが筋肉痛になってたんですが……
なんと、昨日ボーリングしてきて、今日は筋肉痛になりませんでした。
なぜか。
それは、ここ半年、本屋バイトで重量物(本)を運びまくってきたせいでしょうね。
ぶっちゃけ、本屋で働き始めてから最初の数ヶ月は、毎日筋肉痛でのたうってました。
ですが最近は、あまりその苦痛を感じなくなってきてました。
その休日にボーリングをやったところ、大した変化なく。
なんだかんだ、今は身体を動かしてる毎日なんだなぁ、と、気付かされました。

●ガンダムとか、野菜とか
私はガンダムが大好きです。物心ついたときには、よくわからずに元祖SDガンダムやBB戦士を作り、カードダスやガシャポンを集めまくってました。
というわけで、今年の10月からは、「Gのレコンギスタ」と「ビルドファイターズトライ」が放送されていて、毎週二回のボーナスステージ状態です。

まあそんな昨今、ガンダムの生みの親である富野監督がGレコ制作時にいろいろと語られた話について、賛否両論、いろんな議論が起こっているようですが、私個人としては、富野監督とか、某所で福井晴敏さんが仰ってたことに賛成、というか、共感できるところがあります。
最近のアニメやエンタメ作品って、とても食べやすく砕いてあったり(福井さんの言葉では"おかゆ")、あるいは刺激的な味つけがされていたり、そういうものが目立つ気がします。
そこら中に食べ物が転がって飽食状態になってしまっている現状だと、そうやってどうにかして手に取ってもらうことが大事だというのもわかります。
でも、それを食べた後にちゃんと栄養になるのか、いい子が育つのか……
そういうところまで考えて創作している人は、どれほどいるのだろう、なんて思ってしまいます。
そこまで考える必要はない、というのは、ファーストフードやお菓子と同じ考えで、食べる瞬間の喜びだったり、即時性だったり、そういうものこそが"価値"なのかも知れません。
だけど、栄養価の高い料理には違う価値があって、バランスよく摂らないと、人間の身体ってうまくできあがらないと思うんですよね。
それは心についても、同じことが言える気がして。
だからって、昨今の異常な事件の原因が異常なゲームやアニメのせいだという言説は、もちろん違うと思ってます。そこまでの異常性は簡単に備わらないと思いますので、もっと多々の要因によるものと思ってます。
それはともかく。
私は、手に取ってもらえるような創作物を作りたいともちろん思いつつも、手に取って楽しんだもらえた後に、その人に少しでも良い影響を与えられる、何かお土産をあげられるものを作りたいなと、思うのです。
2014-10-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ありがとうiPhone4s

4sを初期化しました。
近々、下取りに出そうかと。

初期化したらHelloと言ってくるのが、なんだか記憶を失った子みたいで物寂しい。そりゃ、文字通り記憶を抹消したのですが。

ケース外して最低限のお掃除をしました。
思えばこの4sにした辺りから海外出張が激しくなったり、旅行によくいくようになったりで、いろんな場所に同行してくれたヤツでした。
大阪とか、長崎、岩手や仙台、函館、福島、静岡や名古屋、アメリカ、シンガポール、そして先日の広島。
ありがとう、楽しかった。

次の6とはどう過ごすのだろう。
よろしく。
2014-09-24 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

iPhone6

iPhoneを4sから6に機種変更しました。
まだ4sでも頑張れたんですが、さすがにテザリングできないのが悲しくて。

一週間様子見して、特に不具合とかもなさそうだったので、昨日各地の在庫とか調べたら、人気だけどなくもなさげ。
なので、昨日とりあえずゴールド64GBを予約。秋葉原のヨドバシ受け取りです。昨日の時点では在庫量不明だった。
そしたら今朝、シルバーは64GB在庫ありになったので、ここだ!と思ってシルバーを重ね予約しつつ突撃。

午後四時頃、残り12個くらいになってましたが、無事ありつけました。
ちなみに、シルバー予約した状態で来ましたと告げたら、それでゴールドの予約もその場でキャンセルしてくれました。

そして諸手続きで30分ほど。
受け付けてくれた方は、操作を覚え込むほど接客してきたんでしょう、iPhoneを私に向けたまま逆向きでサクサク入力作業をしてくれました。

ちなみにここで、ソフトバンクの新旧プランについてざっくり書いてみます。

今までのホワイトプランは、パケ放題みたいなのに入ってれば通信容量無制限、通話は一定以上が有料、みたいな感じでした。
ただ、今後はこのプランを継続すると、通信は7GBが上限となり(以降速度低下)ます。料金もちょいあがり。
つまり、データ通信多め、通話はほとんどしない方は、従来プラン継続がいいかもです。

では、新しいカケ放題、スマ放題みたいな名前のプランはというと。
通話は完全にフリー。
しかしデータ通信は、2、5、7、12GB……みたいな上限段階ごとに料金が異なり、5GB以上だと従来プランより割高な印象でした。
なので、通話しまくりで、データ通信は2GB以下の方はこちらがいいかも。

一概に言えないので、あくまでご参考です。よく調べてみて下さい。
私は前者にしました。通話もぼちぼちしますが、LINEやFaceTimeの無料通話もありますし、データ通信はテザリングやると一気にいく可能性あるので。

さて、話戻って。
無事iPhone6ゲット。
最初の印象。でかい。私の手が小さいのかもですが、片手操作はストレスがあります。端っこの上はとても届かない。ホームキーを優しく二回タップで画面上部が下方にスライドしてくる機能があるのですが、それでスライドさせてもまだ遠い。
今、試しにこの長いブログをiPhoneから書いてますが、両手持ちが楽です。
でも、荷物持って満員電車とかだと片手になりますからね……片手でうまく持つ練習しよう。

そんな感じなので、iPhone6プラスは間違いなく両手用、というかPSPみたいなサイズですね。
あれ使うならiPadでいいや、と思いました。

動作は従来より割と早いかな、という感じ。

あとはカメラレンズがちょい出っ張ってるのでケースあったがいいとか、電源ボタンが上から横にきた、とか。

一番の変化はカメラで露光量調整できるようになったことなのかも。

今日ゲーセンで取った長門さんが、初撮影。
うちの艦隊にはいつ来てくれるの……。
2014-09-23 : 気分転換 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2014/9/8 呉探訪。大和ミュージアムだっ

9/8~9に広島へ旅行にいってきました。なにげに、初・広島です。
目的は……艦これにドはまりしているせいで、呉の大和ミュージアムに行きたくて行きたくて。
それをきっかけに、宮島やら平和公園やらも観てきました。
今回のブログは、呉探訪と題して、呉の見所をいくつか。

●呉駅
DSC_1896-blog1.jpg
呉駅です。
DSC_1898-blog.jpg
駅前から、こういうモニュメントがあったりします。
街全体が、かつての鎮守府や海上自衛隊、港の街としてアピールしていて、そういう雰囲気を持った街っていいなと思いました。
東京に住んでると、いろいろ便利ですけど、個性とか歴史という意味では、微妙なところも多いですよね。

●からすこじま
からす小島ですが、ガイドにはひらがなで書かれたりしてる場所です。
海上自衛隊の潜水艦等が係留されたりしています。
朝早くから起きて、大和ミュージアム開館前の時間を利用して行ってきました。
DSC_1906-blog.jpg
護衛艦の、「とね」さんと「あぶくま」さんがいました。もちろん、真っ黒な潜水艦もいました。

●歴史のみえる丘
「歴史のみえる丘」って場所なんですけど、大和が建造されたドックのある場所です。
DSC_1930-blog.jpg
写真に見える建物の中に隠しつつ、大和を建造したとか。
今はここは資材置き場みたいになっていて、IHIがドックとして使っているのは、この右側のエリアみたい。
DSC_1931-blog.jpg

周辺には、こういう碑もありました。
DSC_1962-blog.jpg
両脇には、長門の41cm鉄甲弾と、大和の46cm鉄甲弾。
碑には、大和の詳細スペックがびっしり書かれてました。

ここからちょっと歩いたところに、かつての呉鎮守府。今の自衛隊総監部があります。
DSC_1977-blog.jpg
かつての鎮守府の建物の一部は空襲で焼けたそうですが、残った部分はそのままに、今の建物に。
DSC_1978-blog.jpg
ここまで、朝7時~8時半でまわりました。

●大和ミュージアム
DSC_1991-blog.jpg
到着です。入り口は普通かと思いきや……

DSC_1998-blog.jpg
入り口の横で、戦艦「陸奥」の主砲、錨など、引き上げられた現物が青空の下でお出迎えしてくれました。
写真は主砲。スケールのわかるものを一緒に写真に入れるべきだったと後悔してますが、ちょーでかいです。

後ろから。
DSC_2000-blog.jpg

中に入りました。
今の企画展示で、「大和の進水展」みたいなのをやってて、大和や武蔵の進水式の様子をCG映像化したものなどが流れていたのですが、ぶっちゃけその映像よりも、展示がおもしろ過ぎました。
大和関係なく、いろんな当時の艦にまつわる品々、資料、エピソードや模型の展示がありました。

DSC_2056-blog.jpg
これからしばらくこういう写真が続きます。天津風や磯風進水の際の記念品、絵ハガキなど。
当時、駆逐艦だろうと戦艦だろうと潜水艦だと、進水式というのは一大イベントだったようですね。
軍人だけでなく、一般の人まで広く進水式に参加して、いろんな記念品が作られ、配られ(売られ?)、食事会のようなものが開かれたりと、とにかく大盛況だったようです。

DSC_2059-blog.jpg
長門。来賓1800人の立食パーティがあったとか。国民に慕われた艦ですしね。
それにしても、艦これでうちの艦隊に長門さんが来てくれるのはいつなんでしょう。

DSC_2061-blog.jpg
長門とくれば、陸奥。むっちゃん。絵ハガキもいろいろ作られてますね。

DSC_2064-blog.jpg
比叡の盃。もちろんこれだけじゃなくて、絵ハガキとかいろいろありました。
「ひヱ(?)い」の表記が面白くて、アップ。
他にも、「あをば」とか、「てんりう」とかありました。

DSC_2074-blog.jpg
大和の湯飲み。
ですが、大和は建造されたこと自体が秘匿されていた(国民が大和のことを知ったのは、基本的に戦後だそうです)ので、進水式も関係者だけで極秘裏に行われ、記念品もほぼ配られなかった模様。
この湯飲みのレプリカが今回の大和ミュージアムグッズで作られてたので、買ってきました。ええ、買ってきましたとも。

DSC_2087-blog.jpg
武蔵の香盒。とても格調高い品に見えますね。

DSC_2118-blog.jpg
駆逐艦「電」の絵ハガキ。戦前でも、やっぱりカミナリのイメージはこのギザギザなんですね。
当時のほぼ全ての艦の絵ハガキがあったんじゃないかってくらい大量に展示されてました。

ここの展示を観て思ったのは、「日本人って昔からグッズが好きだったんだな」と。
絶対そうだと思います。私は大好きです。

DSC_2126-blog.jpg
雪風。雪雪しい。

DSC_2129-blog.jpg
ここから常設展示です。1/10の大和。
この先、大和関連にとどまらず、艦船の歴史みたいな感じで、長~い展示がありました。
艦の名前の付け方の法則とか、金剛に載ってたボイラーとか、沈んだ大和から引き上げられた遺品とか、山口多聞さんの手紙とか、いろいろありました。
楽しんでゆっくり観て、写真もバシャバシャとったんですが、どうにもブログにうまくまとめあげるには莫大な記事と時間がかかりそうだったので、割愛します。
館内が撮影OKだったとは言え、あんまり全部ネットにあげてしまうのもどうかと思いますし。
艦がお好きな方や、艦これにはまってる方なら、間違いなく楽しめると思います。

DSC_2198-blog.jpg
一枚だけ、印象的だったので。海中に沈んだままの大和の、菊花紋章です。
タイタニックを潜水調査したチームが、大和を潜水調査したらしく(今まで知らず、ごめんなさい)、その様子をまとめたTV番組の映像を館内で流していたり、実際に引き上げられたものが展示されてました。
ひしゃげた副砲の弾丸や、船員の靴、飲料水を入れていた瓶やら、いろいろ。
「大和ホテル」とまで言われた艦内設備を持つフネが、真っ二つになって海底に沈んでいる。
艦橋は海底に刺さって船体に押しつぶされる感じになってめちゃめちゃなのに、象徴である船首の菊花紋章がはっきり残っているのは、なんだか不思議な気がしました。ここに大和がいたんだぞ、いるんだぞというのを、いつまでも主張し続けているかのようで。

大和コーナーから、他の兵器展示へ。
DSC_2241-blog.jpg
魚雷。これも写真が下手で申し訳ないんですが、すごく太くてでかい。
こんなのを横っ腹に叩き込まれたら、そりゃ大変なことになりますね。

DSC_2248-blog.jpg
零戦、実物。
本当に人一人乗るだけのスペースがあって、とっても小さい。

DSC_2259-blog.jpg
「歴史のみえる丘」にもありましたが、大和の46cm九一鉄甲弾と、三式弾。艦これではお世話になっています。
これを大和さんは左手で三つも握っていると思うと、大和さんってやっぱりめちゃくちゃでかい女の子なのかぁ……。

DSC_2262-blog.jpg
零戦に搭載されていた機関銃。

以上、ざっくりですが大和ミュージアムでした。
グッズは、湯飲みと、あと資料として大和関連書籍をどかどか買ってきました。
あんなにまとまって置いてあるのはここしかないかと。映像資料(DVD)もいろいろ魅力的だったんですが、DVDなのと、全部定価だったので……いつかAmazonで探そうかな。

●海上自衛隊呉資料館
大和ミュージアムの隣には、もう一つ、立派な資料館があります。
DSC_2272-blog.jpg
入り口に本物の潜水艦「あきしお」が置いてあります。
大和ミュージアムに入ろうとすると、視界にこれが入って、割と気が気じゃなかった。

中は、海上自衛隊の歴史やら関連資料がぎっしり。
ここに来て初めて知ったのは、「海上自衛隊は最初、機雷除去が主な任務だった」ということ。
太平洋戦争で、世界の海の各地で、機雷がとにかく大量にばらまかれたようです。日本近海も然り。
そのため、これらを撤去しないと安全な航海ができない……というわけで、自衛隊は機雷を撤去する仕事=危険な仕事をとにかくやってくれたのでした。殉職者も、何人かおられたようです。
そして今では、世界に誇る機雷撤去設備と技術があり、日本近海だけでなく、世界各地で今までにお仕事されてきたようです。

最後に。入り口にある潜水艦ですが、実は艦内に入れます。ちなみにこの潜水艦、平成初期まで実際に運用していたもの。
DSC_2283-blog.jpg
これは、艦長室。狭いですが、これでも一番広く、おそらく唯一の?私室。

DSC_2304-blog.jpg
潜望鏡。実際にこれで、呉の海を覗かせてもらえます。

ここまで13時。
呉でお昼を食べてから、宮島に向かいました。
宮島のブログは、また次回。
2014-09-17 : 旅行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

我が家に吹く風、ホロ風さんたち

半年以上前に予約して楽しみにしていた二人がようやく揃ったので、久し振りにデジカメでパシャパシャやりました。

DSC_1859-1.jpg
しれぇ!
かわいい。ぎゅっとしたい。

というわけで、うちの艦隊を初期から支えてくれてる駆逐艦、雪風です。
私の艦これプレイ運はとにかく悪く、大和や大鳳はまわしてもまわしても出ない、浜風は200回以上掘ってやっと出た、大鯨は200回以上掘ってまだ会えない……という惨状なのですが。
思えば、開始二日目の建造で雪風が来てくれたのが、全ての運を持っていったのかも知れません。
でもいいんです、かわいいし。いつも活躍してくれるし。
今回の夏イベントでは、MI作戦で奮戦してくれました。E-5のトドメは雪風でした。

DSC_1868-1.jpg
ちょいローアングル。これ以上はダメです!
ちゃんと「ゼカキユ」って書いてあるのです。
それにしても、魚雷はいったいどうやって撃つのだろう。
発射位置は下方っぽいので、相手に背中を向けておしりを更に向けるような姿勢で撃つのだろうか。
それでカットインの大打撃をたたき出すのだから、雪ちゃん恐ろしい。

アオシマから、雪風でした。


そして二人目。載せるのがおっそーい!と言われそう。
DSC_1871-1.jpg
ホビージャパンのブランドAMAKUNIのフィギュア。
初めて購入したのですが、とっても丁寧な仕上がりです。連装砲ちゃんもちゃんと三体いて豪華。
かわいくも、凜々しい感じ。とってもお気に入りになりそう。

艦これといえば、やっぱりこの子だと思います。
私も2-4で全然出会えず、2-4クリアしても出会えず、だいぶ2-4を掘ってお迎えできました。
ゆき・しまは、他の駆逐艦よりも頭一つ抜けた強さがあり(他にも改二勢など数名いますが)、うちの駆逐艦チームでは、No.2としてぜかましちゃんに頑張ってもらってます。
No.2扱いしたら怒られそうですが。
夏イベントではE-6向けに温存していた結果、主戦力としては出番がなく、支援艦隊の駆逐エースとして頑張ってもらいました。また怒られそう……。
でも、大事な役割だったと思います。

DSC_1876-1.jpg
わかりやすいアングルで撮ってあげられなかったんですが、連装砲ちゃんを一体、だっこしてあげてるのです。
島風って、持って生まれた才能とルックスからどうしても浮いてしまい、ぼっちになっちゃったんだろうなと思います。でも、本当は優しいし、気遣いできる子なんだろうと思ってます。提督に構ってくれるし。
何を語っているんだ、私は。
対して雪風はとにかく努力型で、ひたむきに力をつけてきたようなイメージです。

DSC_1875-1.jpg
後ろ姿。
島風は、前から見るとギリギリスカートの中が見えないんですが、後ろは大変な感じ。
この子もやっぱり魚雷を撃つときは……。
ま、まあ連装砲ちゃんがいるし!

そして、揃ったら絶対に撮ろうと思ってた一枚。
DSC_1879-conv-1.jpg
ツーショット。台座との関係で、密着配置が難しかったので、少しだけ画像を加工してます。

この二人がうりうりし合っているシーンをよく妄想しています。
最近は天津風や時津風も混じってきますが。
史実だと、十六・十七駆逐隊として初風もお仲間だったはずなのですが、ゲーム中ではそういう雰囲気がないのが少し残念。

というわけで、雪風と島風でした。
はい、わかりやすく艦これにはまっております……。

写真ど素人で撮影場所も即席過ぎるのが残念でした。微妙な写真でごめんなさい。
こういうことやってると、撮影ブース欲しくなる。照明だけ簡単なの買ってみようかな……。
2014-08-25 : 気分転換 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。